中山雄太のポジションとプレースタイルは?結婚とピアノが話題に!?

中山 雄太(なかやま ゆうた、1997年2月16日 – )は、茨城県龍ケ崎市出身のサッカー選手。

EFLチャンピオンシップ・ハダースフィールド・タウンFC所属でポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。日本代表でも活躍中。

サッカー面とプライベート面についてご紹介していきます!

中山雄太のポジション、プレースタイルは?

中山雄太選手のメインポジションは、センターバック。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Huddersfield Town(@htafc)がシェアした投稿

ボランチ、左サイドバックのポジションでもプレーしています。

クラブでは、センターバックでの起用がメインとなっていますね。

中山雄太選手は、ボランチで勝負したいと言っていましたが、

スポンサーリンク

「『ボランチとしてプレーしたい』という気持ちを持ちつつも、複数のポジションを高いレベルでできればできるほど、チームの中で重宝される存在になると思うので、そうなればいいですね。どこで使われるかわかりませんが、どこでもしっかりプレーできるようなメンタルと技術を持ちたいと思います」

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Footballista_099752/?p=2

と複数のポジションで高いレベルを目指すことも目指すようにしているようですね。

日本代表では、左サイドバックで起用されており、長友佑都選手の後継者候補として期待されています。

左利きの左サイドバックは魅力的ですし、日本代表にとってはありがたい存在。

中山雄太選手には、ハダースフィールドでレベルアップしてきてほしいですね。

中山雄太選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • 後方からのゲームの組み立て
  • 左足のキックの精度
  • 対人守備

が挙げられると思われます。

後方からのゲームの組み立て

中山雄太選手は、ユース時代にボランチのポジションでプレーしていたため、後方からの組み立てができます。

後方から正確なフィードで攻撃にスイッチを入れてくれますし、状況を見てパスを散らしてもくれます。

視野も広く、ボールコントロールも良いので、現代サッカーに適したセンターバックと言えるでしょうね。

左足のキックの精度

中山雄太選手の最大の特徴かもしれませんね。

正確なキックでチャンスを演出し、自らゴールを奪うことも可能!

中山雄太選手の蹴るボールはスピード、威力があり、GKにとって嫌なボールでしょうね。

しかも、コースが良いのではじくのが精いっぱいなところもあると思われます。

日本代表はセットプレーでの得点が命となっているので、中山雄太の左足は大きな武器となるでしょう!

中山雄太選手の強烈なフリーキックです↓

A代表でも、こんなフリーキックを決めてほしいですね。

対人守備

中山雄太選手は対人守備に強く、簡単には抜かせないことで有名!

相手の動きを最後まで見ているので、相手も仕掛けにくいのでは?

さらに、体格も良いほうなので、当り負けることも少ない。

多事¥偉人守備だけでなく、読みも鋭いので綺麗にボールを奪い取る場面も多いですね。

中山雄太選手の対人守備の凄さや読みの鋭さがわかる動画を載せてみました↓

イングランド2部でも自慢の守備が通用するのか?

楽しみです。

結婚とピアノが話題に!?

中山雄太選手は嫁や彼女はいるの?

中山雄太選手が結婚しているか調査してみると、現在(2022年)独身ということが分かりました。

今までも、彼女がいたという情報もなく、プライベートは謎が多い選手です。

見た目のワイルドさ溢れるかっこよさから、女子にもモテそうですよね!

今は、ワールドカップに力を入れているため、結婚は視野に入れていないのかもしれません。

中山雄太選手の好きなタイプは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUTA NAKAYAMA(@y_5_nakayama)がシェアした投稿

気になるのが、中山雄太選手の好きな女性のタイプです。

しかし残念ながら、好きなタイプについても一切記載がありませんでした。

サッカーに打ち込む中山雄太選手ですので、プライベートから体のサポートしてくれるような人を求めているのではないかと思います。

今後、中山雄太選手の幸せなニュースが聞ける日が来るといいですね。

ピアノについて

中山雄太選手は龍ヶ崎市北文間小学校で6年間を過ごしました。サッカー以外では6年間ピアノを習っていたそうですよ。

小学校ではキャプテンを務めチームを牽引。

サッカーの技術はやはり群を抜いていたようです。

5年生の時には茨城県の選抜メンバー38人にも選出。

残念ながら選抜チームとして出場するメンバー36名には残ることができませんでした。

しかし、父によると「がっかりした様子もなかった」そうで、サッカーを純粋に楽しむ少年だったことが分かります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

【サイト運営内容】 1、サッカーの悩みを解決。(個人指導者) 2、選手紹介(趣味) 【経験】 公立高校から一年浪人後、大学体育会サッカー部にて、全国2度経験。 プロになった選手と戦えるまでに至った経緯を伝えています。相談がある方は、気軽にLINEからどうぞ。 また、サッカーが好きな方に、楽しんで頂く為にツイートしています。 是非、時間があればどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

【サイト運営内容】 1、サッカーの悩みを解決。(個人指導者) 2、選手紹介(趣味) 【経験】 公立高校から一年浪人後、大学体育会サッカー部にて、全国2度経験。 プロになった選手と戦えるまでに至った経緯を伝えています。相談がある方は、気軽にLINEからどうぞ。 また、サッカーが好きな方に、楽しんで頂く為にツイートしています。 是非、時間があればどうぞ!