前橋育英の笠柳翼の出身中学は?川崎テャンプ、横浜fcとの関係性は?

第100回選手権が、現在話題になっていますよね。今回は、前橋育英の笠柳翼選手について紹介していきます。

前橋育英の笠柳翼の出身中学は?

前橋育英の笠柳翼選手の過去について紹介していきます。

実績
■所属:前橋育英高
■背番号:10
■ポジション:MF
■2003-06-24
■175cm/60kg
■学年:3年
■コメント
経歴=横浜FC Jrユース―前橋育英高
■代表歴
21年:U-18日本代表候補

出身中学について見ていきます。

笠柳翼選手の通っていた中学にについては学校名は明らかになっていないものの、横浜FC Jrユースに所属をしていたことから横浜市周辺の学校に通っていたと思われます。

基本情報を下記記載しています。

スポンサーリンク

世代2003年度生まれ
ポジションMF
所属前橋育英
小学FC中原
2012年,2013年,2014年,2015年
中学横浜FCジュニアユース
2016年,2017年,2018年
中学FC川崎CHAMP(チャンプ)ジュニアユース
2018年
高校前橋育英
2019年,2020年,2021年
代表U-18日本代表候補トレーニングキャンプ
2021年
プロV・ファーレン長崎
全国大会高校1年生
全国高校総体(インターハイ)サッカー競技大会2019年(1回戦)
全国高校サッカー選手権2019年(1回戦)
高校3年生
全国高校総体(インターハイ)サッカー競技大会2021年(2回戦)
全国高校サッカー選手権2021年(ベスト8)

前橋育英の笠柳翼の川崎テャンプ、横浜fcとの関係性は?

前橋育英の笠柳翼の川崎テャンプ、横浜fcについて紹介していきます。

川崎テャンプに関しては、出身ジュニアユースですね。

こうして、出身チームに顔を出すと言うのは、人としても成長できるチームなのかなと勝手に思っています。こうして、後輩にしっかり伝えられる選手は、子供達にとってプラスになるでしょう。

横浜FCとの関係を調べると、

横浜FCジュニアユース2016年,2017年,2018年、FC川崎CHAMP(チャンプ)ジュニアユース2018年

と言うことで、2つのチームに所属していたと言うことなのでしょうか?

面白い経験ですね。

スポンサーリンク

前橋育英の笠柳翼は、V・ファーレン長崎でプロへ!

V・ファーレン長崎の選手としてプロ第一歩を踏み出します。

下記プロに至る経緯を載せています。

V・ファーレン長崎は2021年10月4日、前橋育英高(群馬)MF笠柳翼(3年)の22年シーズンからの新加入内定が決まったことを発表した。笠柳はU-18日本代表候補で、名門・前橋育英のエース。

今夏のインターハイで2ゴールを挙げている前橋育英の10番に対しては複数のJクラブが関心を寄せていたが、練習参加した際に「みんな気軽に声を掛けてくれて、サッカーの調整をし合うし、私生活でもみんな優しく接してくれて、コミュニケーションの部分で何の隔てもなくできたのが、自分的には本当に良かったなと思いますし、そういうチームだとサッカーに集中できるのが凄く良いかなと思います」という長崎でのプロ入りを決断した。

笠柳は前橋育英1年時に関東Rookie LeagueのMVP&得点王の2冠。昨年からAチームのレギュラーを務めてきた。相手DFの動きを見て剥がすドリブルが特長。「特にドリブルの部分とかでは、練習参加では特に意識しましたし、1対1の部分で果敢に仕掛けて行くというのは、自分は本当に決めていたので、そういう武器が見せれたのは良かった」と振り返る。

ドリブルからのラストパス、シュートでゴールをもたらす一方、ゲームメーカーとしての力も魅力だ。質の高いポジショニングとボールタッチで攻撃の組み立てに参加。3日のプリンスリーグ関東・昌平高戦ではコロナのワクチン接種の影響で後半からの出場だったものの、正確なボールコントロールでタメを作ったほか、正確な繋ぎのパスで2点目のゴールを演出した。ゴール、アシストに加え、ゴールの起点になれる動きも見逃せない。

「ゴールからの3人目とかあまり見てもらえないんですけれども、自分は本当にそこが武器だと思っていて、(ゴールから)巻き戻した時の3番目か4番目には自分いつも係わっている。そういうところは見てもらいたいですし、逆にそれからどんどんアシスト・ゴールに近づけてもっと取って行きたいです」

プロの世界で活躍するためには、よりドリブルの怖さをつけていかなければならないことを自覚。武器を備えて高校を卒業したい考えだ。

以前、前橋育英のCB桑子流空主将(3年)が「翼がプロの練習会へ行って良い影響をチームに与えてくれている」と語っていたが、名門の中でも特別意識が高く、サッカーに懸けて努力してきた選手。その笠柳は前橋育英の3年間で磨いてもらった人間性の部分も表現できるプレーヤーになることを目指している。

「自分はまずは人として言われてきた部分があるので、自分が小さい時にサッカー選手を見て憧れて育ってきたので、自分もそういう子どもたちに元気とか勇気とか与えられる選手になりたいと思いますし、ファンの方々への礼儀や感謝の気持ちをいつも忘れずに高卒ですし、そういうところをしっかりしていきたい」と誓う。

長崎の竹元義幸テクニカルダイレクターはクラブを通して、「笠柳選手は、非常にサッカーIQが高く、味方と関わりながらチャスを作り出せるセンスや緩急自在のドリブルからのシュートが魅力的な選手です。またゲーム中、常に賢く冷静にチームを引っ張ることのできる人間力も評価しています。練習参加した際も、その実力を発揮してくれました。現在、U-18日本代表チームでも活躍していますが、このまま日本サッカーを代表する選手に育ってくれることを期待しています」と期待のコメントを発表している。

将来、五輪やワールドカップでの活躍や海外でのプレーを目指す笠柳は、1年目から長崎の戦力となり、勝利に貢献する意気込み。「1年目は本当に大事だと思います。そこで出てU-19とかU-20とかで呼ばれていけば。(パリ五輪代表入りは)厳しいですけれども、今(U-18世代の)ヒデ(甲田英將)とか仁郎(中村仁郎)とか選ばれていますし、世代をどんどん引っ張っていけるように。(代表に)食い込んでいくためには1年目は凄く重要かなと思っています。(そのためにも)ちょっとでも上手くなって、強くなってプロに入りたい」。「タイガー軍団」前橋育英のエースから、長崎の星へ。才能を磨き続け、長崎の勝利に貢献し、自身の将来を切り開く。

今後、どんな選手として活躍されていくのか注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

【サイト運営内容】 1、サッカーの悩みを解決。(個人指導者) 2、選手紹介(趣味) 【経験】 公立高校から一年浪人後、全国2度経験。 プロになった選手と戦えるまでに至った経緯を伝えています。相談がある方は、気軽にLINEからどうぞ。 また、サッカーが好きな方に、楽しんで頂く為にツイートしています。 是非、時間があればどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

【サイト運営内容】 1、サッカーの悩みを解決。(個人指導者) 2、選手紹介(趣味) 【経験】 公立高校から一年浪人後、全国2度経験。 プロになった選手と戦えるまでに至った経緯を伝えています。相談がある方は、気軽にLINEからどうぞ。 また、サッカーが好きな方に、楽しんで頂く為にツイートしています。 是非、時間があればどうぞ!