旗手怜央のサイドバック(ポジション)のプレースタイルは?父や高校時代について紹介!

旗手 怜央(はたて れお、1997年11月21日 – )は、三重県鈴鹿市出身のサッカー選手。川崎フロンターレ所属。ポジションは、フォワード。

旗手選手について紹介していきます。

旗手怜央のプロフィール

旗手選手のプロフィールについて紹介していきます。

旗手 怜央Football pictogram.svg
名前
愛称レオ
カタカナハタテ レオ
ラテン文字HATATE REO
基本情報
国籍日本の旗 日本
生年月日1997年11月21日(23歳)
出身地三重県鈴鹿市
身長171cm
体重70kg
選手情報
在籍チーム日本の旗 川崎フロンターレ
ポジションFW
背番号47
利き足右足
クラブ
クラブ出場(得点)
2019-川崎フロンターレ32(5)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月24日現在。

期待の選手、今後日本を背負う選手になる一人。

クラブ

中学時代は四日市FCでプレー。中学卒業後は静岡学園高校に進学。2年次には、名古新太郎らとともに全国高校サッカー選手権に出場。自身もゴールを決めるなど、チームのベスト8進出に貢献。3年次の選手権は県大会準決勝で静岡市立清水桜が丘高等学校に0-1で敗れた。

高校卒業後、順天堂大学に進学し、関東大学サッカーリーグ戦では1年生ながら9得点をあげて新人王を獲得した。2年次には全日本大学選抜や世代別代表を経験した。3年次にJリーグクラブの練習に参加し、川崎フロンターレの入団が内定した。

2020年より川崎フロンターレに入団した。2月16日、ルヴァンカップ開幕戦の清水エスパルス戦でプロデビューを果たし、アシストで勝利に貢献した。 8月26日、第24節のヴィッセル神戸戦でJ1初ゴールを決めた。

スポンサーリンク

2021年2月20日、ゼロックススーパーカップでは本職ではない左サイドバックでプレー。3月21日、第6節の浦和レッズ戦でもSBとして先発し、ゴールを決めるなど存在感をだした。

代表

2019年、トゥーロン国際大会のU-22日本代表に選出。6月4日、第2節のU-22チリ戦ではハットトリックをきめて勝利に貢献した。史上初めて同大会の決勝に進出した日本は、決勝でU-22ブラジル代表と対戦。

決勝でも旗手は先発出場し、1-1のまま迎えたPK戦で5人目のキッカーを務める。旗手のPKは相手キーパーにセーブされ、PK戦に4-5で敗れ準優勝となった。

スポンサーリンク

ユース経歴
  • FC四日市ジュニア
  • FC四日市
  • 静岡学園高校
  • 順天堂大学
    • 2018年8月 – 同年12月 川崎フロンターレ(特別指定選手)
    • 2019年4月 – 同年12月 川崎フロンターレ(特別指定選手)
プロ経歴
  • 2020年 – 川崎フロンターレ
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグリーグ戦リーグ杯オープン杯期間通算
出場得点出場得点出場得点出場得点
日本リーグ戦リーグ杯天皇杯期間通算
2019川崎33J1100010
2020303155120386
202147
通算日本J13255120396
総通算3255120396
  • 2019年は特別指定選手
川崎フロンターレ
  • Jリーグ:1回(2020年)
  • 天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会:1回(2020年)
  • FUJI XEROX SUPER CUP:1回(2021年)
ユニバーシアード日本代表
  • 台北大会(2017年)、ナポリ大会(2019年)
全日本大学選抜
  • デンソーカップサッカー(2019年)
  • 全国高等学校サッカー選手権大会・優秀選手(2015年)
  • 関東大学サッカーリーグ戦・新人王(2016年)
  • 関東大学サッカーリーグ戦・ベストイレブン(2017年、2018年、2019年)
  • 日本高校選抜
  • NEXT GENERATION MACH(2016年)
  • デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(2016年)
  • 全日本大学選抜
  • デンソーカップサッカー(2016年 – 2019年)
  • DENSO CUP SOCCER 第16回大学日韓(韓日)定期戦(2019年)
  • ユニバーシアードサッカー日本代表
  • 2017年夏季ユニバーシアード(2017年)
  • U-20日本代表
  • M-150杯(2017年)
  • U-21日本代表
  • AFC U-23選手権(2018年)
  •  アジア競技大会(2018年)
  • ドバイカップU-23(2018年)
  • U-22日本代表
  •  トゥーロン国際大会(2019年)
  •  ブラジル遠征(2019年)
  • キリンチャレンジカップ(2019年)
  • U-23日本代表
  • AFC U-23選手権(2020年)
  • U-24日本代表
  • SAISON CARD CUP 2021(2021年)

旗手怜央の父はどんな方なのか?

旗手選手がここまで結果を残してきたのには、ご両親の影響があったからこそなのではないでしょうか?実際にどんなお父さんなのか調べていきたいとお思います。

旗手怜央選手のお父さんはすごい人だということがわかりました。

旗手怜央選手のお父さんは高校時代、PL学園に通っていて野球部にも所属していたそうです。そして、一つ下の後輩にあのKKコンビとして全国に名を轟かせた、桑田真澄さんと清原和博さんがいて、旗手怜央選手のお父さんは9番遊撃手として二年連続で甲子園に出場し、2度も甲子園準優勝を果たしている素晴らしい選手だったんです。

遊撃手は野球選手の中でも俊敏な選手が多いので、旗手怜央選手はその父親譲りの俊敏さとスポーツセンスで日本を代表するサッカー選手になるのかもしれませんね。

旗手怜央の高校時代は?

旗手選手の出身の高校は静岡県の静岡学園高等校です。静岡学園と言えば紛れもない全国屈指の強豪校です。旗手怜央選手が2年生のころ、現在鹿島アントラーズで活躍中の名古新太郎選手が3年生にて、全国高校サッカー選手権に出場しました。

そして、出場した全国高校サッカー選手権で旗手怜央選手はベスト8進出の立役者となりました。高校のころの先輩と後輩がJリーグで再び出会い、しのぎを削るってなんだか青春って感じですね。

高校を卒業してから旗手怜央選手は順天堂大学に進学します。大学2年生の時に世代別の日本代表に選ばれて、その後の活躍もあってU‐23オリンピック代表候補にまで選出されています。

3大学年次にはJリーグクラブの練習にも参加して川崎フロンターレ内定をもらっている、すごい選手なんです!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

サッカーが好きな方に、楽しんで頂く為にツイートしています。海外選手・日本選手について、サイトを運営中です。是非、時間があればどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)