川島永嗣は、下手くそだと言われている?話題の語学・創価・影武者について調べてみた!

川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 – )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・RCストラスブール所属。日本代表。ポジションはゴールキーパー。

今もなお、フランスリーグや日本代表で活躍している川島選手について紹介していきます。

外国語を話せ、筋トレをしている川島選手は、どんな選手なのか実際に調べていきたいと思います。

川島永嗣選手のプロフィール

川島永嗣選手のプロフィールについて紹介していきます。

簡単なプロフィール
生年月日 1983.03.20
年齢 38歳
身長 185 cm
体重 74 kg
出身地 埼玉県
利き足 右足

川島 永嗣のキャリア

【リーグ戦記録】
2001 大宮(J2) 0試合・0得点
2002 大宮(J2) 8試合・0得点
2003 大宮(J2) 33試合・0得点
2004 名古屋(J1) 4試合・0得点
2005 名古屋(J1) 3試合・0得点
2006 名古屋(J1) 10試合・0得点
2007 川崎(J1) 34試合・0得点
2008 川崎(J1) 34試合・0得点
2009 川崎(J1) 34試合・0得点
2010 川崎(J1) 11試合・0得点
2010-11 リールセ(ベルギー) 23試合・0得点
2011-12 リールセ(ベルギー) 30試合・0得点
2012-13 スタンダール・リエージュ(ベルギー) 30試合・0得点
2013-14 スタンダール・リエージュ(ベルギー) 37試合・0得点
2014-15 スタンダール・リエージュ(ベルギー) 11試合・0得点
2015Dec. ダンディー・U(スコットランド) 16試合・0得点
2016-17 メス(フランス) 5試合・0得点
2017-18 メス(フランス) 29試合・0得点
2018-19 ストラスブール(フランス) 1試合・0得点
2019-20 ストラスブール(フランス) 0試合・0得点

■実績

日本を代表するGK。キャッチング、ハイボールの処理、シュートへの反応、キックの精度などいずれも高いレベルで有しており、10年南アフリカW杯では大会直前にレギュラーに抜擢された。14年ブラジルW杯でも2大会連続で守護神を務めた。

スポンサーリンク

大宮、名古屋、川崎Fを経て、10年7月にベルギーのリールスへ移籍し、欧州挑戦を果たす。12年7月、同国内の強豪スタンダール・リエージュへ移籍した。

所属した3シーズンでリーグ戦68試合に出場したが、14年10月ごろから出場機会が減少し、14-15シーズン限りで同クラブを退団。イタリアやイングランドなどで練習に参加しながら移籍先を探し、15年12月にスコットランド・プレミアリーグのダンディー・Uへの移籍が決まった。

だが、チームの降格を止めることができず、契約満了により退団。16年8月にフランスのメスに移籍した。(16/8/2UP)

■代表歴
▼2007年~:日本代表
・2010年南アフリカW杯メンバー
・2014年ブラジルW杯メンバー
・2018年ロシアW杯メンバー
・2007年、2011、2015年アジア杯メンバー
・2019年コパ・アメリカメンバー
2008年2月17日北朝鮮戦でA代表デビュー

▼U-18~U-20、U-22、U-23日本代表
・2003年:U-20W杯メンバー

ここまでの実績を残しているということは、それだけ多くの人に信頼された経験があるということ。セカンドライフをも考えている人生設計には、やはり一流選手の所以なのかもしれない。

川島永嗣は、下手くそだと言われている?

インターネット上では、下手くそだというワードが残っています。実際に多くの修羅場をくぐり抜けてきた川島選手。

本当に下手なのか?評判を見ていこう。

昨日6月25日に行われたセネガル戦、1点目の失点シーンが大きな批判を呼んでいるようです。

相手右サイドからのクロスに対し、原口選手がクリアし、それをサバリに拾われシュート。

これを川島選手がこばし、マネに押し込まれるという形ですね。

どうでしょうかね?至近距離からのシュートですけど、パンチングで横、又はキャッチしてほしかったというゆうに言われています。

本人が「完全に自分のミスです。目の前のところが気になりすぎてしまった」と言っているように、マネが視界に入って上手くクリア出来なかったのだと推測されていました。

ただ本当にその問題だけなんでしょうか?その前のプレーや他に見るべきポイントがあるのではないでしょうか?その場面だけで見てしまう評論家はどんなんでしょうか?

プロの試合後の取材は、よっぽど素晴らしいように感じました。

ネットでの反応

先制点ということもあり、このプレーは大きく批判を受けます。

このミスがなかったら、スコア上では勝てましたからね…

キャッチかパンチング、どちらが正解であったのでしょうか?難しいですね…

色々なように言われていますが、結局はその選手にならなければわかりません。他の選手がどうとかは、言う批判する日本人は逆にどうなんでしょうか。

海外からも酷評

各国メディアが日本代表全体の奮闘をたたえていますが、川島選手への評価は厳しめ

英国『BBC』の解説

「1点目は川島のミス。あそこでパンチングはない。」「poor goal Keeping(お粗末なゴールキーピング)」

「未熟で不完全」

サバレタ、ドログバ、フィル・ネヴィルに酷評されるって悲しいですけど、めったにない機会ですよね。

アメリカ『ESPN』

スポンサーリンク

「セネガルのユースフ・サバリのカーブのかかったシュートは、日本のゴール前でエイジ・カワシマの手のひらを直撃。」「カワシマはパンチングで逃れようとした結果、潜んでいたサディオ・マネの膝に当たってゴールに跳ね返った。またとない贈り物になった」

イタリア紙『ユーロスポーツ』

「マネの先制点における彼のミスは、アルゼンチン代表GKカバジェロとほぼ同レベルのものだ。』「サバリのニアへの簡単なシュートに対し、これ以上ない最悪な形で飛び込み、ボールはリヴァプールFWのひざに当たり跳ね返った」

フランス『フランス・フットボール』

「コロンビア戦でやらかしたカワシマが再びミスをした。どういうわけかボールをマネに渡してしまい、ゴールが生まれた」

どこも同じような論調でこき下ろしていますね…

他の日本選手達が軒並み高評価でしたから、余計に目立ちますね

W杯コロンビア戦

同じくW杯初戦である、コロンビア戦でも致命的なミスを犯してしまいます…あのクレバーなフリーキックは川島選手だけでなく、チーム全体で逆を突かれたという感じですかね?

騙し合いの世界ですからね。

でもやっぱりフリーキックが上手いですよね?

キッカーが無名のキンテーロだったから、何も言われてないですけど、ピルロやヤヤトゥレだったら、流石レジェンドってなってたんじゃないかなぁと言う方もいるようです。

まあそりゃあの立場なら、本能で誤魔化してみますよね。

ゴールラインテクノロジーが導入されていますけど、今までそれでやってきたわけですしね…

でもそもそも、この前のファールって完全に五分のボールですよね?長谷部選手のファールと言えるものではないような…(日本サポ視点ですけど)

その人の立場になると言うことは大事になってきます。

川島永嗣の語学力は?

川島選手の語学力について紹介していきます。

サッカー選手としてプレーするだけではなく、語学力も優れていると言われています。実際に調べていきます。

日本のサッカー選手が、次々と海外に挑戦して活躍するのが当たり前になった。だが、ゴールキーパー(GK)は、守備の中心として味方に指示を出すことから、言葉の壁があり、活躍は難しかった。

しかし、日本代表の守護神・川島永嗣(メス)は7か国語を習得し、成功を手にした。彼はこの経験を生かして全てのスポーツ選手を対象にした語学支援プロジェクトを立ち上げ、語学の壁を克服するための支援している。

日本代表に密着取材する元川悦子氏に、川島が7か国語を操れるようになったわけを解説してもらった。

結局は、コミュニケーションがある上での、技術という事が分かりますね。

7か国語を操る川島

 川島は日本語以外に、英語、イタリア語、フランス語、スペイン語については、日常会話はもちろん、報道陣からの質問にも普通に答えられる。加えて、ポルトガル語とオランダ語でもピッチ上の味方に指示を出して動かせるレベルにある。

 日本人GKとして初めて欧州5大リーグの一つであるフランス1部リーグのメスで守護神の座を獲得したのは、その国やチームに合った言語で的確な指示を出す能力があったからだ。

 日本代表の海外組は、外国語を身につけた選手が少なくない。英語でメディア対応ができる吉田麻也(サウサンプトン)や本田圭佑(パチューカ)、ドイツ語を話せる長谷部誠(フランクフルト)、イタリア語によるコミュニケーションに支障のない長友佑都(ガラタサライ)らだ。しかし、7か国もの言語を自在に操れるのは川島だけ。これは特筆すべき能力と言っていい。

自分にできることは何なのか分かることが素晴らしいし、それを知り継続できることはさらにいいことですね。

川島永嗣は創価学会集団ストーカーの工作員?

実際どういうことなのか見ていきましょう。


川島は創価とズブズブだと言われているが、何と集団ストーカーの一員だったのだ!上記動画は創価の闇を暴いたRAPT氏が撮影したものだったらしい。

ここ数ヶ月の間、RAPT氏は集団ストーカーの被害に遭われていたのだが、つい最近現れたのが日本代表の川島永嗣だとは驚きだ。この事実をTwitterの勇士達が検証してくれたのだが、顔、声、体格、どこから見ても川島とソックリでした。

川島永嗣は、影武者?

なぜ、インタネット上で言われているのか調べて見ました。

結論耳の形が変わるからなのだと言われています。

SNSの世界が広がる中で、こういったことで盛り上がるのもどうなのでしょうか。

今後も、どういったご活躍をされるのか見てみようと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

サッカーが好きな方に、楽しんで頂く為にツイートしています。海外選手・日本選手について、サイトを運営中です。是非、時間があればどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)