鹿島、町田浩樹の中学・大学は?みちょぱとの関係は?

町田 浩樹(まちだ こうき、1997年8月25日 – )は、茨城県出身のプロサッカー選手。鹿島アントラーズ所属。ポジションはDF(センターバック/左サイドバック)。U-24日本代表。

今回は、U-24日本代表の町田選手について紹介していきます。

町田浩樹のプロフィール

町田選手のプロフィールを見ていきましょう。

町田浩樹Football pictogram.svg
名前
カタカナマチダ コウキ
ラテン文字MACHIDA Koki
基本情報
国籍日本の旗 日本
生年月日1997年8月25日(23歳)
出身地茨城県つくば市
身長190cm
体重80kg
選手情報
在籍チーム日本の旗 鹿島アントラーズ
ポジションDF
背番号28
利き足左足
クラブ
クラブ出場(得点)
2016-鹿島アントラーズ53(4)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月20日現在。

190cmの長身を持ち、空中戦の強さとラインコントロール、左足のフィードを得意とするCB。中学1年生からセンターバックを本職とする「生粋の左利きの大型センターバック」です。

同クラブの中田浩二からラインコントロールの指導、小笠原満男から「ボールを奪いに行くところとコースを切るところの判断」など実戦的な指導を受けており、すぐにそれを自身に還元し成長

空中戦の強さと精度の高い左足のキック、ストライドの大きいオーバーラップなどを生かし、左サイドバックで起用される事も増えてきています。

ユース経歴
  • 手代木サッカークラブ
  • 2010年 – 2012年 鹿島アントラーズつくばジュニアユース
  • 2013年 – 2015年 鹿島アントラーズユース
  • 2015年 鹿島アントラーズ(2種登録選手)
プロ経歴
  • 2016年 – 日本の旗 鹿島アントラーズ

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグリーグ戦リーグ杯オープン杯期間通算
出場得点出場得点出場得点出場得点
日本リーグ戦リーグ杯天皇杯期間通算
2016鹿島28J100200020
201720000020
2018824010132
20192210050271
202021020230
2021
通算日本J15338060673
総通算5338060673
  • 2015年は2種登録選手
国際大会個人成績FIFA
年度クラブ背番号出場得点出場得点
AFCACLクラブW杯
2016鹿島2800
201700
20180000
201990
通算AFC9000

その他の国際公式戦

スポンサーリンク

  • 2019年
  • AFCチャンピオンズリーグ・プレーオフ 1試合0得点
  • 公式戦初出場 – 2016年5月25日 ナビスコカップGS第6節 vsジュビロ磐田戦 (カシマサッカースタジアム)
  • Jリーグ初出場 – 2017年5月14日 J1第11節 vsヴィッセル神戸戦 (カシマサッカースタジアム)
  • Jリーグ初ゴール- 2018年7月28日 J1第18節 vsガンバ大阪戦 (パナソニックスタジアム吹田)
鹿島アントラーズユース
  • Jユースカップ (2014年)
  • アジア・チャンピオンズ・トロフィー (2015年)
  • 高円宮杯U-18プレミアリーグ EAST(2015年)
  • 高円宮杯U-18サッカーリーグ チャンピオンシップ(2015年)
鹿島アントラーズ
  • J1リーグ:1回(2016年)
  • 天皇杯全日本サッカー選手権大会:1回(2016年)
  • FUJI XEROX SUPER CUP:1回(2017年)
  • AFCチャンピオンズリーグ:1回(2018年)
  • U-19日本代表
  • AFC U-19選手権(2016年)

町田浩樹の中学・大学時代について

町田選手の大学時代について紹介していきます。

スポンサーリンク

町田選手の出身中学校の情報はありませんでした。出身高校は鹿島学園高等学校という、鹿島アントラーズユースの生徒を受け入れている高校に通います。

高校卒業後は早稲田大学人間科学部eスクールへと進学します。早稲田大学人間科学部eスクールはJリーグと提携している大学なので、この大学に所属しているJリーガーは町田選手のほかに何人かいます。しかし、Jリーグでのプロ生活と学業の両立は難しく、卒業できない生徒もいままでにはいました。

幼少期どのように過ごしていたのでしょうか。見ていきましょう。

町田選手がサッカーを始めたのは、小学校に入る前のことで、5歳の頃にご両親が仕事で忙しかったため、放課後に習い事をさせたくてサッカーを始めました。

小学校の頃にはサッカーのほかに、水泳、習字を習っていました。小学四年生の頃に鹿島アントラーズの下部組織である、鹿島つくばJrユースに入団します。

鹿島つくばJrユースからは、鹿島ユース、2015年に鹿島アントラーズの2種選手として登録、2016年に鹿島アントラーズに正式に加入、2017年に初J1デビューを果たします。

2018年、2019年には徐々に出場回数を増やしていき、2019年は20試合以上の出場を果たします。順調に成長していった町田浩樹選手は2017年にデビューし活躍を期待されるも、右ひざ前十字じん帯損傷の全治6カ月のけがをしてしまいます。

同時期にMFのレオ・シルバ選手が左ひざ半月板の手術をし、離脱するなど、チーム内のけがが相次ぐ鹿島アントラーズにはつらい時期になりました。

代表経歴はこちらです!

2013年U-16日本代表、U-17日本代表
2014年U-17日本代表
2015年U-18日本代表
2016年U-19日本代表
2017年U-20日本代表
2019年U-22日本代表
2020年U-23日本代表

怪我で離脱を余儀なくされた年以外は、ほとんど年代別代表に選ばれ続けている素晴らしい選手ですね。

家族は、父、母、姉、弟の5人家族です。弟さんは、鹿島つくばJrユースでサッカーをしていて、町田浩樹選手のエスコートキッズをしたこともあります。

町田浩樹とみちょぱとの関係?

町田選手とみちょぱとの関係性がどうなのか見ていきましょう。

結論関係なさそうです。では、一体なぜその話が浮上したのでしょう。

噂と関係するこんな記事がありました。

浦和レッズのDF槙野智章が2020年5月16日に自身のツイッター(@tonji5)を更新し、タレントの『みちょぱ』こと池田美優にダイレクトメッセージ(DM)を送ったとされるサッカー選手が誰かを予想した。

16日放送の関西テレビ放送(カンテレ)『おかべろ』に出演したみちょぱは、インスタグラムでサッカー選手からDMが来たことを告白。「最近インスタのDMとかでサッカー選手みたいな人とかから来たりするんです。

気持ち悪い(笑)。気持ち悪いのが来たんです(笑)。でも全然有名じゃない。聞いたこともない。どこのチームだよ(笑)」とバッサリ切り捨てると、ナインティナインの岡村隆史が「それは(チームを)知らんだけちゃう? みちょぱがあんまりサッカー知らんから」と指摘したが、「でも(相手は)フォロワーとかも全然いないし、なんだこいつと思って(DMを)返してもいないですけど」と答えて拒絶反応を示していた。

これが一部報道で話題になると、同じサッカー選手である槙野も同日にツイッターで反応。

「誰か気になるなぁ。どこのチームの誰かな…」と考えをめぐらせ、「ただ、こうやって積極的にダイレクトメッセージを送る姿勢を見たらFW(ストライカー)かなと俺は予想」と推測した。

ここから勝手に推測されたのでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

サッカーが好きな方に、楽しんで頂く為にツイートしています。海外選手・日本選手について、サイトを運営中です。是非、時間があればどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)