サッカーの田中駿太選手は、高校(履正社)・大学(大体大)でプレー!

東京五輪世代の期待の大型ボランチ(センターバック)のユーティリティープレイヤー!
田中駿汰選手は、大学生としてU-23日本代表にも選出されている大学サッカー屈指の選手。

2020年からコンサドーレ札幌へ入団が内定。次世代の日本代表候補。

今回は東京五輪世代の大型ボランチ、田中駿汰選手について、紹介していく。

サッカー田中駿汰選手のプロフィール

期待の大型ボランチ。五輪代表唯一の大学生として、U-22、A代表にも選出。まだ大学生ということもあり、知名度はないが、日本人には少ない大型ボランチとして面白い存在。

次世代に日本を代表する存在になることができるか期待。大学生ながら、東京五輪世代の代表候補にも名を連ねている青年は一体、どんな選手なのだろうか。

名前 田中駿汰(たなか しゅんた)

出身地 大阪府出身

生年月日 1997526日(22歳)

スポンサーリンク

身長 183cm

体重 68kg

ポジション MFDF

田中駿汰選手の経歴

田中駿汰選手は大阪体育大学所属にU-22日本代表候補。NSC北斗SCでサッカーキャリアをスタート。ガンバ大阪ジュニアユース出身で中学時代は三冠を達成。(そのメンバーの一つ下には堂安律が在籍)

しかし、その当時は、足元の技術はあったが、背が小さく、ユース昇格が叶わなかった。

履正社高校の平野監督が、絶賛しスカウトされ、当時ガンバジュニアユースの安田(関西大)・林(大体大・現サガン鳥栖)とともに、履正社高校へ進学。

履正社高校卒業後、大阪体育大学へ進学。2018年の全日本大学サッカー選手権でベスト4、関西一部優勝、2019年入って全日本大学選抜のメンバーに選出。

そして大学生なが6月のトューロン国際大会でu-22日本代表に初選出。20197月に入団が内定しているコンサドーレ札幌の特別強化指定選手に。

今年の関西大学リーグMVPに輝くなど、大学サッカー界屈指の選手。そしてU東アジア選手権でU-22代表中心の初のA代表にも選出されるなど、現在存在感を高めている期待の若きフットボーラー。

入団が内定しているコンサドーレ札幌では即戦力として期待されている。その存在感は大学生という枠を超えた期待の日本人フットボーラーの一人だろう。

田中駿汰選手のプレースタイルやポジション

大型万能型ボランチ、田中駿汰選手のポジションはMF。(ミッドフィルダー) 登録であるが、複数のポジションに対応でき、CB(センターバック)やボランチなど、勤めることができる万能型選手。

主はボランチであるが、大学時代にセンターバックとしてプレーにより、ディフェンス面が向上し、対人の強さも身につけ、大学4年間で万能性を向上させた。やはり複数ポジションを高いレベルでこなすことができるそして高い適応能力は最大の魅力か。

田中駿汰選手のプレーには状況に対応できる判断力も定評がある。

スポンサーリンク

そしてそして身長183センチの高さがありながら足元のテクニックもあり、中盤の底から的確ばパスで試合を組み立てるビルドアップできる能力もあり、守備的な選手であるが、的確なパスでゲームメイク力も兼ね備えた攻撃能力も魅力。

田中駿太選手には守備的なボランチとして強度もあるプレスなど高いディフェンス能力と、攻撃では巧みで華麗なパスでゲームメイク力をもつような、ハイレベルなボランチを目指している。

目標はモドリッチのようなプに、田中選手は大きなモドリッチになって欲しい。日本人には数少ない大型でテクニックのあるボランチとして、非常にスケール感の選手。

コンサドーレ札幌入りが内定

大学屈指のボランチとして、今後の成長が期待できる、楽しみな次世代の日本代表候補、田中駿汰選手。来シーズン2020年からJリーグのコンサドーレ札幌入りが内定。

田中しゅんた選手にはJの複数クラブから獲得を目指していたが、そして札幌入団決め手の一つがコンサドーレの監督の人間性に惹かれ、自らのプレースタイルが合う環境を熟考した結果、北の大地を選んだとのこと。

G大阪ジュニアユース時代にユースへ昇格することができず、大学時代は目標のプロを目指す上で心折れそうになったこともあるが、田中選手は腐らず、自らの足りない能力を伸ばすことができる環境であった大阪体育大学への進学により、地道に邁進し、大学4年間で成長したことにより、自らの目標だったプロの切符をつかんだ。

東京五輪代表入りへ

2019年の6月に大学生としてU-22日本代表へ初選出され、11月のコロンビア戦に初先発を果たすなど、徐々にその評価を上げている田中駿汰選手。

大学入学当初は東京五輪自体頭になく、代表招集に本人は驚いたとのことだが、大学サッカー界での活躍により、掴んだ代表入り。

田中選手は同世代が早くからプロで活躍している姿を見てきたことだろうが、腐らず地道に努力を積み重ね、大学屈指の選手になり、代表入りも実現。

U-22に本代表にはの堂安律選手など、G大阪下部組織時代のチームメートと再び共に戦うわけだが、大学4年間での成長により、先を越されていた選手たちにおいてついてみせた。

その経験は遠回りではなく、田中選手が成長するために必要な道筋だったのだろう。本大会メンバー入りには熾烈なレギュラー争いが待っている。

U-22日本代表の中盤、ボランチのポジションには、板倉選手や田中碧、中山雄太選手など、いい素材が集まっているだけには激戦区。田中駿汰選手は11月のコロンビア戦には先発を務めたが、まだまだ代表入りは確定ではない状況。

そしておそらくOAオーバーエージ枠により、柴崎岳選手などの経験豊富な中盤の選手がメンバーとして入って来ることが予想される。しかし、もちろん本大会メンバー入りのチャンスは大いにある。

田中選手は12月の東アジア選手権ではu-22代表の底上げもあり、A代表にもメンバーにも名を連ねているおり、来年から一月から始めるU-23アジア選手権など、まだまだアピールチャンスはある。

結果を残し、是非とも東京五輪のメンバーの切符をつかんで欲しい。そして大学を経て、日本代表でも活躍する選手はいるだけに、来年の東京五輪後も、A代表として主力になるような選手を目指して欲しい。

田中駿汰選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。東京五輪代表候補の田中駿汰選手。

大学生ながら、代表にも名を連ねているのはそれだけ素晴らしいポテンシャルを持った選手であることは間違いない。2020年から所属するコンサドーレ札幌でアピールして、ぜひ本大会のメンバー入りを掴んで欲しいですね。

堂安律選手など、同世代には負けない活躍を期待したい。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

一浪&公立高校出身/総理大臣杯(全国2度)や関西1部リーグに出場チームのレギュラーメンバー/サッカーコーチとして200名以上の指導経験。 活躍したい選手の専属サポートをしています。『上手くならない』は絶対にない。常に分析・考えることが圧倒的に足らないだけ。 アマチュア選手上達へのきっかけ作りを提供しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

一浪&公立高校出身/総理大臣杯(全国2度)や関西1部リーグに出場チームのレギュラーメンバー/サッカーコーチとして200名以上の指導経験。 活躍したい選手の専属サポートをしています。『上手くならない』は絶対にない。常に分析・考えることが圧倒的に足らないだけ。 アマチュア選手上達へのきっかけ作りを提供しています!