【最新】久保建英は、移籍先と移籍金がいつ発表されるのだろうか?

久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 – )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手です。プリメーラ・ディビシオン・RCDマヨルカ所属・日本代表でポジションはフォワードかミッドフィールダーです。

今、絶好調の久保選手の移籍について紹介していきます。

久保 建英のプロフィール

こちらが久保選手のプロフィールです。

名前
愛称タケ、ケンちゃん[1]
カタカナクボ タケフサ
ラテン文字Kubo Takefusa
基本情報
国籍日本の旗 日本
生年月日2001年6月4日(19歳)
出身地神奈川県川崎市麻生区
身長173cm[2]
体重67kg
選手情報
在籍チームスペインの旗 RCDマヨルカ
ポジションFW / MF
背番号26
利き足左足
ユース
2010-2011日本の旗 川崎フロンターレU-10
2011-2015スペインの旗 FCバルセロナ
2015日本の旗 FC東京U-15
2016-2017日本の旗 FC東京U-18
クラブ1
クラブ出場(得点)
2016-2018日本の旗 FC東京U-2334(5)
2017-2019日本の旗 FC東京19(4)
2018日本の旗 横浜F・マリノス (loan)5(1)
2019-スペインの旗 レアル・マドリード0(0)
2019-スペインの旗 RCDマヨルカ (loan)
代表歴2
2015-2017 日本 U-1724(14)
2016- 日本 U-206(0)
2018- 日本 U-233(2)
2019-日本の旗 日本7(0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年8月22日現在。
2. 2019年10月15日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

凄いチームで活躍されていますね。今回は、移籍先についてどうなのか紹介していきます。

【最新】久保建英の今後の移籍金について

久保選手の今後の移籍金について紹介していきます。

(7月5日の記事タイトル)

アトレティコ相手にも個人技で見せるなど、リーグ再開後にハイパフォーマンスを継続

スポンサーリンク

マジョルカの日本代表MF久保建英は攻撃の軸となる活躍ぶりを見せているが、来シーズンに向けた去就も注目の的となっている。レアル・マドリード専門メディア「Defensa Central」は、久保の違約金は“200億円台”にも及ぶのではと報じている。

久保は現地時間3日のリーガ・エスパニョーラ第34節アトレティコ・マドリード戦にフル出場。チームは0-3と地力の差を見せつけられたものの、右サイドに陣取った久保は得意のドリブル突破でマッチアップ相手のDFマヌ・サンチェスを揺さぶり、途中交代に追い込むほどのプレーを見せ、現地紙「AS」で3点満点の評価を受けるほどハイクオリティーを見せた。

記事では、「クボの個人として見せたパフォーマンスは、レアル・マドリードにとっては良い知らせだ。彼が素晴らしい才能があり、今季は多くのことをプリメーラ(1部)で経験を積んでいる」と称賛。

そして、レアル側の非常に高い評価をこのように伝えている。

「マドリードから離れる(移籍する)シーズンを迎えるとすれば、1億5000万ユーロ(約180億円)から2億ユーロ(約240億円)の移籍金が必要となる、典型的な選手だ」

100億円どころか200億円にも“値札”をつけたところに、久保に対するレアルの評価の高さが伝わる。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールやFWロドリゴら若き有望株を数多く抱えるクラブにとっても、久保の存在はすでに不可欠になっているようだ。

(7月3日の記事タイトル)

セルタ戦で2アシストを挙げるなど大活躍 PSGが久保獲得へ“本気モード”

スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、レンタル期間を満了する今季終了後の去就が注目を集めている。セリエAの名門ACミランやフランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)が期限付きでの獲得に関心を示していると指摘されてきたが、ここに来て、PSGが本腰を入れたとスペインメディア「ドン・バロン」が報じている。

「PSGがマドリードのスターへ向けて加速、交渉の席につく」

このように銘打たれた記事では、まず久保が2アシストを記録した現地時間6月30日のリーガ第33節セルタ戦(5-1)について言及。

「タケフサ・クボが最大のスター選手としてチームに希望をもたらした。レアル・マドリードからレンタル移籍している日本人選手は、マジョルカを2部降格から救うための責任を担うようになっている。パリは彼に取り付かれており、イタリアからの電話は現時点でフロレンティーノ(・ペレス会長)の机の上にオファーとしてある」と綴り、ミランの介入とほぼ時を同じくして、PSGが“ペースアップ”したとしている。

さらに同メディアは、具体的な条件額にも触れており

「アルプスの向こう側の国からは、ACミランがクボの後を追っているとの噂が届いた。

元バルサ選手はセンセーションを起こしており、多くの人が他の可能性がない場合、彼が来季マドリードの選手になると見ている。そして、PSGのスポーツディレクターを務めるレオナルドはクボを熱望しており、5000万ユーロ(約60億5000万円)を提示してできるだけ早く交渉の席につきたいと希望している。

これとは別に、選手の給料として5000万ユーロになるかもしれない。移籍オペレーションは総額1億ユーロ(約121億円)ということになり得る。とんでもない数字だ」と伝えている。

今季リーグ戦30試合に出場して3得点4アシストを記録している久保。マジョルカは依然として自動降格圏の18位にいるため残留争いにフォーカスされているが、果たして去就はどのような結末を迎えるだろうか。

久保建英選手の年俸推移!FC東京時代→レアル・マドリードでいくら変わっていたのか?

では、早速過去の久保建英選手の年俸の推移をチェックしていきましょう!

久保建英選手は、2017年11月にFC東京でプロ契約をしたものの、なかなか出場機会には恵まれず2018年には横浜F・マリノスに期限付き移籍をしました。

2019年シーズンには再びFC東京に復帰し、主力として前半戦の躍進に大きく貢献し、2019年6月4日にスペイン1部リーグの超名門レアル・マドリードへの移籍が発表されました。

久保建英選手は、レアル・マドリードと同じくスペインの名門クラブであるバルセロナの下部組織であるカンテラという組織で活躍していた背景もあり、バルセロナへの復帰も大きく噂されていました。

しかし、今回レアル・マドリードから一部報道によると、バルセロナが提示した5倍以上の年俸と、トップチームへの帯同などの破格の条件を提示し、合意に至ったとされています。

では、プロ入りから現在に至るまでの久保建英選手の年俸推移は以下のようになります。

シーズン在籍クラブ年俸
2017年〜2018年FC東京(→横浜F・マリノス)700万円
2018年〜2019年FC東京700万円
2019年〜2020年レアル・マドリード約2億4,600万円

Jリーグでは、ルーキーの年俸は初年度は上限が700万円となっているので、1年目は700万円となっていました。

また、久保建英選手がプロの世界で大きく飛躍したのは今シーズンからなので、2018年〜2019年シーズンの年俸も据え置きの700万円となっています。

しかし、今回報じられたレアル・マドリードへの遺跡では年俸が30倍以上もアップする2億円越えでの大型契約となりました。

1年目に所属するBチームであるレアル・マドリード・カスティージャに所属する選手の年俸が1,600万円前後と言われていますので、若手選手の中でも破格の待遇を受けることになりますね。

久保建英選手の移籍金はいくら!?日本人選手の歴代移籍金ランキングも紹介!

実際過去の久保選手はどのくらい移籍金をもらっていたのでしょうか?日本人選手の歴代ランキングとともに見ていきましょう。

スポンサーリンク

久保建英選手の移籍金はなんと0円!その理由は!?

日本が誇る未来のスーパースターである久保建英選手ですが、どのくらいの移籍金でレアル・マドリードへ加入するのでしょうか!?

サッカーの世界では、あるチームに所属している選手が他のチームに移籍する際に、所属クラブに対して買い手のクラブが移籍金という違約金を支払います。

久保建英選手の今回の移籍金は、FC東京の大金社長のコメントで0円と言われています。

というのも、FC東京と久保建英選手が契約した期間がちょうど切れたタイミングでのレアル・マドリードへの移籍となったので、実質的にはフリーの状態での移籍となりました。

移籍金が高くなると買い手がつきにくくなる反面、移籍金が今回のように0円だったからこそ、久保選手自身のキャリアに最も有意義な移籍策を選ぶことができたのかもしれませんね。

日本人選手の歴代移籍金ランキング!1位はどの選手!?

サッカー選手にとって移籍金とは、高ければ高いほど市場での価値があると認められた証拠になります。

有名クラブでのプレーも増えてきた日本人選手の移籍金は一体どのくらいなのでしょうか!?

順位選手名移籍元移籍先移籍金額
1位中島翔哉ポルティモネンセアル・ドゥハイル約43億7000万円
2位中田英寿ローマパルマ約32億5000万円
3位中田英寿ペルージャローマ約32億円5000万円
4位香川真司ドルトムントマンチェスター・ユナイテッド約20億円
5位中島翔哉アル・ドゥハイルFCポルト約15億円
6位岡崎慎司マインツレスター約13億7500万円
7位武藤嘉紀マインツニューカッスル約13億3750万円
8位本田圭佑VVVフェンロCSKAモスクワ約11億2500万円
9位清武弘嗣ハノーファーセビージャ約8億1250万円
10位小野伸二浦和レッズフェイエノールト約6億8750万円

久保建英選手は次のチームの移籍金はどうなるのでしょうか?

2019年、久保建英の移籍金は20億円だった?

2019年の11月14日の記事で久保選手の移籍金について記載されていました。

スイスのサッカー関連調査機関CIESフットボール・オブザーバトリーが作成した、欧州5大リーグのクラブに所属する市場価値の高い期限付き移籍の選手ランキングを発表し、Rマドリードからマジョルカへ期限付き移籍している日本代表MF久保建英(18)は33位にランクインしていると、スペイン紙アスが14日に報じている。

同調査機関によると、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの5大リーグで期限付き移籍金が最も高い選手は、バルセロナからBミュンヘンに貸し出されているブラジル代表MFコウチーニョで9650万ユーロ(約116億円)となっている。

2位はRマドリードからアーセナルに期限付き移籍されているセバージョスで6570万ユーロ(約78億8000万円)と、スペインの2大巨頭の選手となった。

Rマドリードの期限付き移籍選手は上位50人の中に久保建英を含め7選手入っており、5大リーグ全体では10選手が所属している。その市場価値の合計は2億6170万ユーロ(約314億円)と非常に莫大(ばくだい)な金額になっている。

同クラブでセバージョスに続く高額はエデゴール(Rソシエダード)で5730万ユーロ(約68億8000万円)。全体のランキングでは3位となっている。

そしてアクラフ(ドルトムント)が3900万ユーロ(約46億8000万円)で9位、

マジョラル(レバンテ)が2260万ユーロ(約27億1000万円)で23位、

オスカル・ロドリゲス(レガネス)が2120万ユーロ(約25億4000万円)で26位、

レギロン(セビージャ)が1890万ユーロ(約22億7000万円)で31位、

そして久保(マジョルカ)が1700万ユーロ(約20億4000万円)で33位となっている。

その他、トップ50圏外では、バジェホ(ウルヴァーハンプトン)が850万ユーロ(約10億2000万円)、ルニン(バリャドリード)が550万ユーロ(約6億6000万円)、デ・フルートス(バリャドリード)とハビ・サンチェス(バリャドリード)が300万ユーロ(約3億6000万円)となっている。(高橋智行通信員)

ここから、さらに活躍していますから移籍金は高くなっていますでしょうし、欲しいチームも多くなっているでしょうね。

久保建英の移籍先候補を公開

移籍金が膨大になってきている、市場価値がかなり高い久保選手ですが、求めているチームは多くいます。その求めている多くの移籍先候補を紹介していきます。

久保建英の移籍先候補名門クラブまとめ。ミラン、PSG、アヤックス…

スペインに移籍してから約1年。レアル・マドリードからマヨルカに1シーズンの期限付きでレンタル移籍中の19歳の日本代表MF久保建英は、ビセンテ・モレノ監督の目指すサッカーにとってすっかり重要な存在となった。

レンタル元のマドリードは、久保のこの1年の成長、そしてヨーロッパサッカーにここまでに早くフィットしたことを高く評価している。

しかしながら、彼の年齢と経験を考えるとロス・ ガラクティコス (マドリードの愛称)のレギュラーでの活躍にはまだ早いと言われている。

そこで現在、マドリードの代表フロレンティーノ・ペレス氏は、久保の力が最も発揮できそうなクラブを複数のオファーから検討し、彼の次の行き先を考えているところだ。

今回はそんな日本代表久保の獲得に興味を示す数多くのクラブの中から、名門クラブに関する移籍の噂をまとめみよう。

レアル・ソシエダ

スペインのスポーツ紙『AS』によると、レアル・ソシエダからの久保獲得オファーは最も現実的だ。

ソシエダとマドリードは昔からとても厚い信頼関係にあると言われている。マドリードにとって、宝物の日本人選手を別のチームに預けるなら、この選択肢は最も理想的だろう。

現在レアル・ソシエダは、もう一人のマドリードの若手天才プレイヤー、MFマルティン・ウーデゴールも抱えており、彼には経験を積ませるために多くのプレーチャンスを与えている。

もちろんオファーに対する最終的な判断は久保自身にあるが、現時点ではせっかく慣れたスペインサッカーから離れるのは考えにくいことだ。将来的にマドリードのトップチームでプレーするためにも、ソシエダに移籍しラ・リーガを知り尽くすことはベストだと思われる。

アヤックス

久保に興味を示すクラブの中には、オランダのエールディビジで史上最多優勝回数を誇り、今シーズン(コロナウイルス感染拡大の影響で打ち切り)1位のアヤックスもいる。オランダ国内サッカー専門サイト『VoetballZone.nl』が報じている。

久保自身はおそらくオランダに移籍することに興味はないだろう。しかし、マドリードがアヤックスのMFドニー・ファン・デ・ベークの獲得を未だに望んでいることは、久保のレンタル移籍話に関係することになる可能性がある。

ファン・デ・ベークは現在マンチェスター・ユナイテッドに移籍する噂が大きく報じられているが、決定はしていない。アヤックスは彼をプレミアリーグのクラブに渡す前にレアル・マドリードからのオファーもじっくり考えるはずだ。そして、久保のレンタルをこの取引のオプションの1つとすることは十分に考えられる。

ミラン

来シーズンに向けて久保のレンタル獲得を目指すチームの中で、マドリード側の第一希望はミランだと、スペインメディア『Cadena SER』が報じている。

ミランが久保に興味を示すのは最近だけの話ではない。ミランの元CFO(チーフ・フットボール・オフィサー)ズボニミール・ボバン氏が年明けにプライベートでマドリードまで足を運び、久保のレンタルを依頼したという噂もある。

しかしマドリードは、久保をヨーロッパの大会に出場するクラブでプレーさせることを優先としている。現在セリエA7位であり、ヨーロッパリーグ(EL)への出場がまだ決まっていないミランが第一希望であることは、現時点では考えにくい。

ラツィオ

久保に興味を示すイタリアのクラブはミランだけではない。現在セリエA2位のラツィオも久保を高く評価している。

ビアンコチェレスティ(ラツィオの愛称)は、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に向けてすでにチームの強化を考えて初めている。

ラツィオのSD(スポーツディレクター)イグリ・ターレ氏は、エラス・ヴェローナで大活躍中のDFマラシュ・クンブラを狙っている他、右ウイングとトップ下のポジションでプレーできる選手も検討しているとのこと。そう考えると久保というオプションは十分考えられるだろう。

久保がラツィオに移籍すれば、CLでレギュラーとしてプレーできる可能性も高い。久保自身にとっても、マドリードにとっても、理想的な選択だと思われる。

セルティック

2019/2020シーズン、スコティッシュ・プレミアシップ(コロナウィルスの影響で打ち切り)の優勝となったセルティック。来年も優勝し、10年連続のリーグ優勝を狙っている。そのためにはこのチームと少しずつ力の差を縮めているスティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズを、来シーズンも上回る必要がある。

その目標に向かって、久保はとても重要な武器になると思われる。イングランドのメディア『GIVEMESPORT』のジャーナリストであるフィル・スペンサー氏は久保のセルティック移籍の可能性に関してこう発言した。

「久保にとってセルティックへの移籍は悪い選択ではありません。レアル・マドリードほどのクラブのトップチームでプレーするにはまだ早い。それならスコットランドのこの名門クラブで力をつけるのはいいと思います。彼の才能はスコティッシュ・プレミアシップで輝くことに違いありません」

PSG

最も久保を欲しがっていると言われているクラブが、フランス王者のパリ・サンジェルマン(PSG)だ。スポーツディレクターのレオナルド氏が久保の獲得に注力していると『アス』が伝えている。

しかし、報道によると、久保は手取りで年間400万ユーロ(約4億8000万円)のオファーを断った上、すでにマドリードもPSG側に放出する意思がないことを伝えたという。

多くの一流選手が揃っているPSG。久保が継続的に試合に出られることは考えにくい。それであれば、ヨーロッパの大会に出場しながら主役として活躍できるクラブに移籍する方がいいとの判断と思われる。

久保建英の移籍はいつ?

移籍が騒がれている久保選手いつの移籍になるのでしょうか?

2019年に日本の若武者の“新天地”が正式に決定したとマジョルカで騒がれレアルから移籍をした。

現地時間8月22日、ラ・リーガ(スペイン1部)のマジョルカは、レアル・マドリーに所属する日本代表MFの久保建英を今シーズンが終了する2020年6月30日までの期限付きで獲得することを発表していましたので、もう時期移籍先が公式に発表されるのではないのでしょうか?

またリーグ戦がコロナの影響で伸びましたので、リーグが終わり次第の発表になるのではないのでしょうか?

時期はともかくに、上記の有名強豪チームに移籍するのは間違いなさそうです。

以上が、久保選手の最新移籍情報でした。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

一浪&公立高校出身/総理大臣杯(全国2度)や関西1部リーグに出場チームのレギュラーメンバー/サッカーコーチとして200名以上の指導経験。 活躍したい選手の専属サポートをしています。『上手くならない』は絶対にない。常に分析・考えることが圧倒的に足らないだけ。 アマチュア選手上達へのきっかけ作りを提供しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

一浪&公立高校出身/総理大臣杯(全国2度)や関西1部リーグに出場チームのレギュラーメンバー/サッカーコーチとして200名以上の指導経験。 活躍したい選手の専属サポートをしています。『上手くならない』は絶対にない。常に分析・考えることが圧倒的に足らないだけ。 アマチュア選手上達へのきっかけ作りを提供しています!