吉田麻也と下柳剛との関係は、『親戚』で子供の頃から支え合っていた?

吉田 麻也(よしだ まや、1988年8月24日 – )は、長崎県長崎市出身のプロサッカー選手です。セリエA・UCサンプドリア所属で、ポジションはディフェンダー(センターバック)の日本代表です。

今回は、吉田麻也選手と下柳剛の関係をみていきます。

吉田麻也のプロフィール

吉田麻也選手のプロフィール紹介します。

基本情報
国籍:日本
生年月日:1988年8月24日(31歳)
出身地:長崎県長崎市
身長:189cm
体重:78kg

選手情報
在籍チーム: UCサンプドリア
ポジション:DF (CB)
背番号:34
利き足:右足

年 クラブ 出場 (得点)
2007-2009名古屋グランパス 71 (5)
2010-2012VVVフェンロー 54 (5)
2012- サウサンプトン 154 (6)
2020- →サンプドリア (loan)

2008-2012 日本 U-23 12 (1)
2010-日本 100 (11)

ボランチとしてプレーしていたが2007年に所属していたJ1名古屋のチーム事情によりセンターバックへコンバートされる。2009年にオランダのVVVフェンローへ移籍するが、すぐ左足首を骨折し、09-10シーズンは出場がなかった。

2012年、ロンドンオリンピックに出場するU-23日本代表にオーバーエイジ枠として選出され、主将としてチームのベスト4入りに貢献。2012年8月30日、イングランド1部・プレミアリーグのサウサンプトンFCへ完全移籍。2020年サンプドリアレンタル移籍。

スポンサーリンク

下柳剛のプロフィール

下柳剛選手のプロフィールを紹介します。

基本情報
国籍:日本の旗 日本
出身地:長崎県長崎市
生年月日:1968年5月16日(51歳)
身長・体重:184 cm95 kg

選手情報
投球・打席:左投・左打
ポジション:投手
プロ入り:1990年 ドラフト4位
初出場:1991年8月9日
最終出場:2012年4月25日

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
瓊浦高等学校
八幡大学(中退)
新日本製鐵君津
福岡ダイエーホークス (1991 – 1995)
日本ハムファイターズ (1996 – 2002)
阪神タイガース (2003 – 2011)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2012)

出身地が吉田選手と同じですね。本当に親戚なのかみていきましょう。

吉田麻也と下柳剛との関係は、『親戚』なのか?

先ほどのプロフィールを見れば、親戚という可能性が少しは近づきましたね。それは、出身地が同じということ。

これから少し調べていきます。

調べると・・・

吉田麻也と下柳剛は親戚だということがわかりました。

スポンサーリンク

世間に知れ渡ったのは、元阪神で野球評論家の下柳剛氏が2020年3月19日、ABCテレビのニュース番組「キャスト」に生出演した時でした。

チームメートに新型コロナウイルスの陽性反応が出たサッカー、イタリア1部リーグ・サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が“隔離”を余儀なくされたことを明かしたことで

吉田と親戚関係にあるという下柳氏は吉田に連絡を取ったといい、「3日、4日監禁されたと言ってました。(選手たちが)個別にされていると」と明かしたのです。

世界の中でも特に新型コロナウイルスが猛威を振るっているイタリアでは、吉田選手が所属のサンプドリアの5選手に検査で陽性反応が出ているとのこと。

また、親戚だということが大きく広がったのは、サウサンプトンに所属する日本代表DFの吉田麻也が公開した“意外な”2ショットから拡大しました。

日本を代表する名優、渡辺謙さんとの2ショットも公開するなど、幅広い人脈と交友関係で知られる日本代表DF吉田麻也。今回、ファンに向けて披露したのは、プロ野球界を代表する名投手との一枚でした。それが、今回紹介している元阪神タイガースの下柳剛氏でした。

英語で「With my uncle」と記されたつぶやきには、

「親戚の『お兄さん』がイギリスまで来てご飯をおごってくれた」と添えられており、さらに「#遠い親戚って英語でなんて言うの?」

とも付けられています。

吉田との意外な関係性が明らかになった下柳氏と言えば、言わずと知れた名投手です。

2003年に、今年1月4日に他界した星野仙一監督が率いた阪神タイガースへ移籍すると、同年と2005年にセ・リーグ制覇に貢献。引退して関西を中心に解説者業に勤しむ今も、熱狂的な虎党、そして幅広い野球ファンの間で人気を博している名左腕です。

それだけに今回の吉田のつぶやきには、サッカーファンのみならず、野球ファンからも驚きのコメントが寄せられています。

「ピッチャーの才能もあったかもしれんぞ!! まだ遅くない、野球やろ」
「長崎の誇り」
「シモさん、大好き」
「笑顔のマヤさんやっぱステキですね」
「え!? シモさんと親戚やったんですか?」
「なんとなく似てる気がする」

今シーズンは、公式戦の出場がリーグカップの1試合だけと苦しむ吉田だが、スポーツ界の名手から食事をおごられ、活力が漲ったことだろう。ここからの巻き返しに期待したい。

吉田は今季、カラバオ杯で1試合に出場しているものの、リーグ戦での出場はない。下柳氏にもスタジアムでの姿を見せることができず、「#次回はプレーしているところ見せたい」とタグ付けをしています。

子供時代に支え合っているかの情報はありませんが、この親戚関係でプラスに働いたことは写真を見て思います。お互いが切磋琢磨してプロの世界で活躍していたのでしょう。

ここまで、仲良いということは考え方も少し似ている部分がるかもしれませんし、分かりあえる部分も多いかもしれませんね。

一流選手になるのは、技術もそうですが考え方が最も必要な気がしますから。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

一浪&公立高校出身/総理大臣杯(全国2度)や関西1部リーグに出場チームのレギュラーメンバー/サッカーコーチとして200名以上の指導経験。 活躍したい選手の専属サポートをしています。『上手くならない』は絶対にない。常に分析・考えることが圧倒的に足らないだけ。 アマチュア選手上達へのきっかけ作りを提供しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

一浪&公立高校出身/総理大臣杯(全国2度)や関西1部リーグに出場チームのレギュラーメンバー/サッカーコーチとして200名以上の指導経験。 活躍したい選手の専属サポートをしています。『上手くならない』は絶対にない。常に分析・考えることが圧倒的に足らないだけ。 アマチュア選手上達へのきっかけ作りを提供しています!