<鹿島学園、法政出身>上田綺世(読み方)のプレースタイルが鹿島内定・日本代表を決めた!

今注目されていて、今後期待を寄せられている選手。上田綺世選手を紹介していく。

<鹿島学園、法政出身>上田綺世(読み方)

上田選手のプロフィール

名 前上田 綺世(うえだ あやせ)
出身地大阪府高槻市
生年月日1998年8月28日
身長/体重182cm/76kg
所属/背番号法政大学
ポジションFW
利き足右足

○始めたきっかけ
小学1年生の時、社会人チームでプレーしていた父・晃さんがハットトリックをした試合を見て、
「点を取って喜んでいる姿を見て、僕も嬉しかったし、僕も父を喜ばせるようなプレーをしたかった」
とサッカーを始めました。
サッカーを始めた動機が、父を喜ばせたかったから、というのがいいですね。

○中学時代
中学時代は、「鹿島アントラーズジュニアユースノルテ」でプレーしていました。
「鹿島アントラーズジュニアユースノルテ」というのは、茨城県内に3つ(鹿嶋市、日立市、つくば市)ある、「鹿島アントラーズジュニアユース」のうちの、日立市にあるチームです。

現在は身長182cmの上田選手ですが、中学に入った時で150cmくらい、中3でも160cm半ばと、体が小さかったこともあり、フィジカルが弱く、アントラーズユースへの昇格は逃していました

○高校時代
高校は鹿島学園に進学。
下級生の頃から、エースとして試合に出場しています。

しかし、スタミナに不安があり、途中交代が多くありました。
そこで、スタミナ不足を改善するために、全体練習の終了後、毎日50分間シュート練習を行なっています。
その練習の成果で、3年生の頃には
「茨城に上田綺世あり」
と言われるほど、絶対的エースに成長しました。

ユース昇格を逃す一因になった身長も、昇格を逃した中学の終盤から伸び始め、高校入学時点で170cm台にまで伸び、さらに高校3年の頃には180cmまでに伸びています。

スポンサーリンク

○大学時代
高校卒業後は、法政大学に進学。
1年生から活躍しています。
大学サッカー夏の全国大会である総理大臣杯でも、35年ぶりの日本一に貢献しました。

経歴まとめ=鹿島ノルテJrユース-鹿島学園高
▼2019年鹿島アントラーズ特別指定選手(背番号は36)

■代表歴
▼2019年~:日本代表
・2019年コパ・アメリカメンバー

▼2018年:U-21日本代表
└パラグアイ遠征(3月)、トゥーロン国際大会(5月)、アジア大会(8月)

▼2017年:U-20日本代表
└M-150杯(12月)

上田綺世のプレースタイル

前述の通り、幼い頃からフォワードとしてプレーしており、憧れの選手としてインザーギとバディストゥータを挙げています。

ゴールパターンが多彩であり、抜け出してのシュートサイドからワンタッチで合わせるシュートヘディングと、これまで代表でも様々なパターンからゴールを奪っています。

スポンサーリンク

反面、本人も中盤の組み立てに参加したり、ゲームを作るプレーは苦手と口にしています。

憧れだった2選手と同じようにペナルティーエリア付近で能力を発揮するボックスストライカーであり、逆に上田はペナルティーエリア内のプレーであれば誰にも負けない自信を持っているようです。

上田綺世が鹿島内定・日本代表を決めた!

鹿島アントラーズ内定

法政大2年の上田綺世が鹿島アントラーズに内定したとの報道が2019年2月10日にありました。近いうちに鹿島から正式発表があるようです。大学2年生での内定はクラブでの大学生最速内定だそうです。

J1の5クラブが争奪戦を繰り広げていた逸材。去就が注目されていましたが、予想通り鹿島アントラーズということになりました。

中学時に所属していたクラブであり、地元の茨城県のチームでもあります。上田自身もユースに昇格できなかったときから、いつか鹿島に入ることを目標に頑張ってきました。

大学在学中にプロ入りしたのは、長友佑都(明治大学)、武藤嘉紀(慶応大学)が有名所として挙げられます。二人は共に特別指定選手(※)として、FC東京に入団し、チームで出場機会を掴んでプロ入りしています。

今後上田もまずは特別指定選手としてJリーグデビューを目指していくと思われます。

※特別指定選手

ここで特別指定選手について少し補足します。

特別指定選手は正式にはJFA・Jリーグ特別指定選手制度であり、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、日本クラブユースサッカー連盟のいずれかに所属している選手が、プロのカテゴリーであるJリーグに同時所属することができる制度です。

通常、Jリーグチームに加入するためには、各所属のサッカー連盟を離れる必要がありますが、特別指定選手にはその制限がありません。そのため、Jリーグチームの練習、試合に参加しつつも、自分のチームの試合にも参加することができます。

特別指定選手となるには、JFAから推薦選手となる必要があります。推薦選手となると、そのリストが各クラブに通達されます。受け入れを希望するクラブは、その選手と交渉を行い、合意が得られた場合に、特別指定選手としての活動が可能になります。

なお特別指定選手となったといっても、卒業後に必ず入団しなければならないという縛りはないため、特別指定先と実際の入団クラブが違う選手はこれまでも数多くいます。

日本代表初選出

コパ・アメリカに挑む日本代表に、法政大学FW上田綺世が初選出された。大学生がA代表のメンバー入りを果たしたのは2010年の山村和也(現・川崎フロンターレ/流通経済大学在学時)と永井謙佑(現・FC東京/福岡大学在学時)以来9年ぶりの快挙で、各地から祝福の声が上がっている。

上田は所属する法政大学体育会サッカー部を通じて「価値を高めるチャンスをいただけたことを嬉しく思います。そのチャンスを掴んで来たいと思いますので応援よろしくお願いします」とコメントを発表。

大学内の体育会を報道するスポーツ新聞部『スポホウ』では発表直後に号外を発行し、市ヶ谷キャンパス内で限定配布を行う予定だ。また、2021年シーズンからの加入が決まっている鹿島アントラーズはTwitterで上田の代表選出を祝福した。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。