リバプールのユンゲル・クロップ監督の魅力・人気・凄さ・名言を紹介!

ユンゲル・クロップ監督に教わりたいサッカー選手は、多いのではないでしょうか?今回は、そんなクロップ監督について紹介します。

リバプールのユンゲル・クロップ監督の魅力・人気・凄さ・名言を紹介!

クロップ監督を見ていて思うのが、選手想いの強い監督だと思います。昔は香川選手が、今は南野選手が、世界トップクラスの監督に教わっています。

クロップ監督の指導者としてのまとめ

ボルシア・ドルトムント時代に実践したカウンター戦術「ゲーゲンプレス」を考案した第一人者でもある。本人は、スペインの強豪「FCバルセロナ」が2000年代に駆使していた守備戦術を参考にし、独自に構築したものと明かしている。

ドルトムントで同戦術が最も機能し始めた2010年からの2シーズンは、ブンデスリーガを連覇。出場したUEFAチャンピオンズリーグでも、格上と評されていたレアル・マドリードなどの強豪を撃破し、2013年に決勝進出している。

次に就任したプレミアリーグ「リヴァプールFC」においても同戦術を駆使し、2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで準優勝。翌2018-19シーズンにも決勝に進出し、悲願の優勝を果たした。

クロップ監督の戦績

2018年5月26日現在
チーム就任退任成績
試合数勝ち引き分け負け勝率脚注
1.FSVマインツ052001年2月27日2008年6月30日270109788340.37
ボルシア・ドルトムント2008年7月1日2015年5月30日318179697056.29
リヴァプールFC2015年10月8日現在15280442852.63
合計64131816316049.61

クロップ監督の獲得タイトル

スポンサーリンク

ボルシア・ドルトムント
  • ブンデスリーガ : 2010-11, 2011-12
  • DFBポカール : 2011-12
  • DFLスーパーカップ : 2013, 2014
リヴァプールFC
  • UEFAチャンピオンズリーグ: 2018-2019
  • UEFAスーパーカップ: 2019
  • FIFAクラブワールドカップ : 2019
  • ドイツ年間最優秀監督賞 : 2011, 2012
  • プレミアリーグ月間最優秀監督 :2016年9月,2018年12月,2019年3月,2019年8月,2019年9月,2019年11月,2019年12月,2020年1月

リバプールのユンゲル・クロップ監督の魅力

リバプールの名監督クロップにならう「人心掌握術」 —— こうして凡百の選手は名将になった

 

このブログの最後にクロップ監督の名言を紹介して終わります。

――自身の才能について

「私は5部レベルの才能と、ブンデスリーガレベルの頭脳を持っていた。結果、2部レベルの選手になったよ」

――バイエルン戦を前にして

「ドルトムントが最後にここで勝った19年前、そのときまだドルトムントの選手は母乳を飲んでいた。

我々は今弓矢を手にした。強い野心を持てば、ターゲットを射抜くことができる。問題は、バイエルンはバズーカ砲を持っているということだがね!

しかし、ロビン・フッドであればそれでも勝てるはずさ」

――眼鏡がミュージアムに…

「私のメガネはボルシア・ドルトムントのミュージアムに置いてある。バイエルンに勝った時、ヌリ・シャヒンがそうしたんだよ。

最後はどうやって見ていたのかわからないね、あの眼鏡を失くしていたからさ!サブの眼鏡は持っていても、眼鏡なしでそれを見つけるのは難しいんだぜ」

――フメルスの怪我について聞かれて

「刑務所にいる夫を待つ良い妻のように、私は彼が戻るのを待っている」

――マリオ・ゲッツェがバイエルンに加入することについて

「誰の失敗であるかと言われれば、私だろうな。背を低くすることもできなければ、スペイン語を喋ることもできんしな」

――植毛をしたか?と聞かれて

「それは本当さ。植毛手術を受けたよ。その結果は…本当に素晴らしいものだと思わないかい?」

――リヴァプール就任の際に

「この部屋にいる誰も、私が魔法を使えるとは思っていないだろ?私は黒い森からやってきた普通の男さ。母親は非常に誇りに思っているよ。私はそういう普通の男さ」

「世界最高のバンドはなにか?私の母も父もこう言ったよ。『ナンバーワンは、ビートルズだ』とね」

――マンチェスター・シティに勝利して

「これを説明するために言える最高の言葉は『ブーム!』だよ」

――ギャリー・ネヴィルに批評されて

「かつて選手であった評論家たちは、批判されたときの気持ちを完全に忘れているんだよ。特にネヴィル兄弟だ。

あまりにも多くの批判は何の役にも立たないことを明らかに知っているはずなのだが、彼はリヴァプールの選手を助けることに何の興味も持っていないのさ。理解はするがね。

彼は選手を評価する仕事をするのに苦しんだ。なのになぜテレビで選手について話すのかな?」

――若手について聞かれて

「若い選手は我々の未来さ。競走馬のように扱えば、我々は競走馬を手にするんだ」

――前半の入りに失敗して

「我々は前半、良い計画を持って臨んでいた。ただ、2失点を喫してしまった。そうなったら、計画は全部紫のゴミ箱行きさ」

――ベン・ウッドバーンについて

「誰かが彼のことを『プリンス・オブ・ウェールズ』と言うのを聞いたよ。素晴らしい!今朝も2回それを言ったよ。ウッドバーンがそれを愛しているかは分からんがね」

――バイエルンについて

「彼らは中国のビジネスのようだね。他の人々が何をやるかを見て、それをコピーするんだ。より多くのお金をかけてね!」

――ヴェンゲルのスタイルと何が違う?と聞かれて

「彼はボールを持ち、パスをして、サッカーをすることを好む。それはオーケストラのようだ。

ただ、それはサイレント・ソングさ。私はヘヴィーメタルのほうが好きなのさ」

――妻が子供向けの絵本を書いたことについて

「彼女は子供のための本を書いた。それはハリー・ポッターのような――しかし、サッカーのものらしい。

こっちには、○○○な棒に乗って飛ぶハリー・ポッターなんかいないんだけどな」

――スペインでの指揮に備えて、スペイン語のレッスンを受けているか?

「そうだね。今は『もう一杯ビールをおくれよ!』とは言えるよ」

――多くの選手を失う厳しい状況になっているが?と聞かれて

「私は家族、お金、サッカーなど、期待していなかったほどの人生を手に入れた。

教師も両親も、誰もそんなことが私に起こるとは信じていなかった。そんな完璧な人生が、選手を奪われたぐらいで損なわれるのかな?」

――初めての退場処分を受けて

「監督として初めてのレッドカードを受けたことに少し誇りを感じているよ。

第4審に詰め寄って言ったよ。『どれだけミスを犯せば気が済むんだ?15歳ならあと1回位は許すがな』とね」

――ユヴェントスと対戦する際に

「我々はサッカーにおける最大の課題に直面している。引き分けでもいいイタリアのチームと対戦するというね」

――DFBポカールでバイエルンに勝って

「ちょっと暖かかったからかな?」

――リヴァプールの監督に就任して

「私は夢想家ではないが、ロマンチストだ。物語を愛し、アンフィールドはサッカー界で最も素晴らしい舞台の一つだ。私は今そこにいる。幸運な男だね。最初の試合を本当に楽しみにしているよ」

信念がある監督は、考えから始まるということが名言を見たらわかりますね。人としても尊敬することが多い監督だということがわかりました。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

現役時代に2度の全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達に向けて指導している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

現役時代に2度の全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達に向けて指導している。