三浦弦太のインスタは?鹿島に移籍、背番号は?大阪桐蔭出身、東口と何が?

どうも、サッカー解剖者の本田です。

私のプロフィールを知りたい選手はこちら⇨サッカー解剖者・本田のプロフィール

今回は、日本代表プロサッカー選手三浦弦太選手を紹介して行く。

三浦弦太選手は、ガンバの守備の要。最近、注目株の選手だ。

早速だが、見ていこう。

三浦弦太のインスタって?

インスタしているのだろうか?

調べているとインスタしていましたね。せっかくなので、一番最近の投稿を載せておきます。

いつもいいねの数が多いのが印象的です。

三浦弦太が鹿島?移籍・背番号は?

三浦弦太は、鹿島について多くのアクセスがある。それは、センターバックの昌子源選手と植田直通選手の影響があるようだ。

前監督ハリルホジッチは三浦弦太選手をかなり評価していた。

日本サッカー協会(JFA)は24日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表を発表した。
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、選出したメンバーについて語った。

日本サッカー協会(JFA)は24日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のオーストラリア戦(8/31)、サウジアラビア戦(9/5)に臨む日本代表27名を発表した。

今回の代表メンバーにはセンターバック(CB)として、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、昌子源(鹿島アントラーズ)、植田直通(鹿島)、三浦弦太(ガンバ大阪)の4名が選ばれた。

DFの主軸である吉田と、6月のイラク戦に先発した昌子がCBのコンビを組むことが濃厚な一方で、植田と三浦というA代表出場経験のない2名がバックアップを務める模様だ。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は最終ラインの4人について「植田や三浦など若い選手は少し恐れもあるが、忍耐強く接したい。

麻也と昌子はここ長い間、安定したプレーを見せてくれている」と評価したが、これについて元日本代表DF秋田豊氏が「経験のある吉田や昌子がケガをしてしまったら、経験のないCBを途中から出すのは難しいのでは?」と質問した。

今は、代表として、吉田選手と組む可能性が一番高く、代表に出場する機会が多くなってきた。

移籍

移籍情報載せておくね。

今年2017年、J1に復帰する清水は6日、DF三浦弦太(21)がG大阪に完全移籍すると発表した。

三浦は大阪桐蔭を経て、13年に清水へ入団。183センチの長身を生かし、J1だった15年シーズンからセンターバックとして頭角を現した。

リオデジャネイロ五輪代表からは最終選考で落ちたが、J2で戦った16年シーズン終盤は右サイドバックで出場を重ね、清水の1年でのJ1復帰に貢献。

スポンサーリンク

クラブ側は慰留に努めたが、最終的にはG大阪からのオファーに応えるに至った。三浦は清水を離れるにあたり、以下のコメントを発表した。

「このたび、ガンバ大阪へ移籍することになりました。エスパルスでお世話になった4年間は降格、昇格を含め多くのことを学び、経験させてもらいました。

自分にとってかけがえのない財産であり、今の自分があるのはエスパルスのおかげだと思っています。怪我や体調不良でなかなかプレーできないときも、サポーターの皆さんの声援に本当に励まされました。

そんなエスパルスを離れることは非常に辛い決断でした。ただプロである以上、より高いレベルでプレーし、もっと成長したいという思いも強く、チャレンジすることを決めました。

サッカー王国であるこの街でプレーできたこと、誇りに思います。本当にありがとうございました。

エスパルスに関わる全ての人に、より一層活躍する姿を見せて恩返ししたいと思います」

今後の活躍によっては世界に飛び立つかもしれないですね、数年は、まだガンバにいそうですが・・・。

背番号

センターバック・5番

三浦弦太は大阪桐蔭高校?東口と何が?

三浦弦太選手の高校時代について、東口選手と何があったのかについて紹介していく。

大阪桐蔭高校

三浦弦太選手は、中学卒業後、大阪府にある私立の中高一貫校、大阪桐蔭高校(偏差値41−69)に進学されている。

中学時代に愛知県のトレセンに選ばれ、チームのメンバーから刺激を受けた三浦弦太選手。

そのことがきっかけで地元を離れ大阪の高校に進学されたそうです。

高校時代もメキメキと力をつけ、3年生の時には全国高校総体でベスト4まで勝ち上がります。

大会では、優秀選手賞を受賞するなど活躍されています。

そして、高校卒業後の2013年から清水エスパルスに入団し、プロの道を歩き始めたようです。

東口と何が?

2018年シーズンのJ1第9節の大一番、ガンバ大阪対セレッソ大阪戦。

この試合では前半11分に東口順昭と三浦弦太が交錯し、顔面を強打した東口が途中交代を余儀なくされるというアクシデントがあった。

このプレーにより両選手はピッチに倒れ込むも、ボールを持っていたC大阪の選手はプレーを止めず。

これに対してG大阪のサポーターは大きなブーイングで抗議していたのだが、主審にプレーを止めることを促していたC大阪選手もいた。

その選手とは、DF丸橋祐介だ。

東口と三浦の交錯を間近で見ていた丸橋は事態の深刻さに気付いたのか、すぐさま飯田淳平主審に向けて手を上げ、プレーの中断を示唆。

その後、杉本健勇がプレーを続けた後も丸橋だけは動きを止め、まるで三浦の体を守るようにしながら側から離れなかった。

ダービーということで選手たちはつい熱くなりがちだが、相手の怪我を第一に考えたフェアプレーだったと言える。

まだまだ、若い三浦弦太選手。日本代表のために、最高のプレーをし続けて欲しいです。

日本代表、ガンバキャプテン・三浦弦太は結婚してる?彼女は?妹は?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。