室屋成は、移籍するなら年棒は?青森山田高校で大活躍!怪我の容態は?

どうも、サッカー解剖者の本田です。

私のプロフィールを知りたい選手はこちら⇨サッカー解剖者・本田のプロフィール

今回は、日本代表プロサッカー選手室屋成選手のを紹介して行く。

室屋成選手は、FC東京で長友選手の二世とも言われている。サイドバックは、日本が世界で戦う上で必要なポジション。

早速だが、見ていこう。

室屋成は、移籍するなら年棒は?

室屋選手は移籍するのか?見ていこう。

今は、移籍情報はありませんね。まずは、Jリーグでの活躍。そして、日本代表の活躍が必要だろう。

次に年棒を見ていこう。

スポンサーリンク

それでは、室屋成選手の年俸推移を紹介していく。

青森山田高校時代から、世代別日本代表として活躍していた室屋成選手は、高卒のタイミングでJクラブ(清水エスパルス)から当然オファーはあったと思いますが、
明治大学に進学します。

憧れの長友佑都選手と、同じ道を辿りたかったのかもしれませんね。

2015年には、大学生ながらJリーグに出場できる”2種登録選手”となりFC東京の試合に出場。

2016年大学卒業を待たずに、FC東京に入団することを選択します。

初年度の年俸は、480万円ですね。

足首の骨折の影響もありシーズン序盤戦は棒に振りますが、後半戦ではレギュラーポジションを掴み12試合に出場しました。

また、負傷明けながら出場した『リオオリンピック』でも、初戦のナイジェリア戦で失点につながるミスもありましたが、全試合フル出場を果たして評価を上げましたね。

2017年は、前年度の活躍を受けて、年俸が1200万円の3倍に増大。

不調のチームの中で、レギュラーポジションを掴み期待に応えました。

シーズン途中の監督交代や、4バックから3バックへのシステム変更など大変なシーズンだったと思いますが、26試合に出場。

また、12月には自身初となるフル代表選出も果たしています。

2018年シーズンは、2000万円の年俸。

長谷川健太新監督との相性は良さそうなので、レギュラーとして右サイドバックでそのまま起用されるでしょう。

室屋成は、青森山田高校で大活躍!

スポンサーリンク

室屋選手の高校時代の活躍を見ていく。

高校卒業時には、高校サッカーの名門・青森山田高校に進学。高校の2年先輩には、日本代表の柴崎岳選手がいました。

高校2年の時、それまではトップ下やボランチでプレーしていましたが、サイドバックに転向します。

その転向が大成功で、日本高校選抜やU-17日本代表に選ばれるほどのサイドバックへと成長しました。

日本高校選抜では、「デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会」で初優勝。U-17では、「FIFA U-17ワールドカップ」では南野選手とともにベスト8入りに大きく貢献しました。

ちなみにこのベスト8というのは中田英寿や宮本恒靖が出場した1993年大会以来の快挙でした。高校卒業時には、清水エスパルスからのオファーを受けていました。

やはり、高校時代かなり活躍していますね。

室屋成の怪我の容態は?

室屋選手の一番最近の怪我の容態を見ていく。

右内側ハムストリングス筋挫傷で全治約4~6週間。

2017年8月23日、FC東京は浦和戦で負傷した室屋成の「病状、全治」を次のように発表した。

病名:右内側ハムストリングス筋挫傷
全治:約4~6週

4バックから3-1-4-2にシステム変更した7月26日の広島戦(ルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦)から不動の右ウイングバックとして躍動した室屋。

その広島戦では62分に自ら決勝点を決め、22節の神戸戦、続く23節の浦和戦ではそれぞれピーター・ウタカ、橋本拳人のゴールをアシストと、このところの活躍は素晴らしかった。

まさに3-1-4-2システムを機能させる戦術のキーマンだったが、その室屋がこのタイミングで負傷離脱したのは痛恨だろう。

というのも、今季のFC東京の陣容を見るかぎり、右ウイングバックの選手層が極端に薄いのだ。

浦和戦で代役を任された永井謙佑は名古屋時代にウイングバックの経験があるものの、その浦和戦ではほぼ沈黙。ボールに絡めず、試合から消えていた印象だ。

ちなみに、今季の永井は「FWで勝負したい」とコメントしており、浦和戦でのコンバートは緊急的な措置だったという見方もできる。

では、室屋の〝純粋なバックアッパー”は誰か。おそらく、それはプロ2年目でJ1経験のない柳貴博。

その実績からして、さすがに室屋の代役は現時点で務まらないのではないか。

いわゆる代役不在の状況を、篠田善之監督はどう打開するのか。4バックに戻す可能性も……(その場合は右サイドバックに徳永悠平を起用するはず)。

怪我は、必ず付きもの。そのためにも、柔軟さはサッカー選手を見ていて大事なのは改めて分かるね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。