武藤嘉紀の彼女は?妻いるのか?蟹?ニューカッスル&代表の背番号は?

どうも、サッカー解剖者の本田です。

私のプロフィールを知りたい選手はこちら⇨サッカー解剖者・本田のプロフィール

今回は、日本代表プロサッカー選手武藤嘉紀選手のを紹介して行く。

武藤嘉紀選手は、ニューカッスルの日本を代表する選手。プレミア移籍して初得点をマンテェスター・Uから奪いましtね。

今後日本を背負うFWになるだろう。

早速だが、見ていこう。

武藤嘉紀の彼女は?妻いるのか?

イケメンサッカー選手として知られ、現在はプレミアリーガのニューカッスルに所属している武藤嘉紀選手。

23歳で学生時代から交際していた元CAの一般女性と結婚しており、義父が元防衛副大臣・渡辺周氏であることも判明しています。

スポンサーリンク

ですから、彼女ではなく、武藤嘉紀選手は妻がいるということです。

少し、武藤嘉紀選手について話してから、妻の話をしていきます。

3歳でバディスポーツ幼児園に入園後、4歳でバディサッカークラブに入部し、本格的にサッカーを開始。小学校4年時よりFC東京のスクールへも通い、中学入学時から同クラブ下部組織にも加入しています。

慶應義塾大学経済学部に進学後は、3年時の2014年からFC東京へ正式に加入し、J1新人最多タイとなる13得点を記録しベストイレブンに選出。

同年9月のウルグアイ戦で国際Aマッチデビューを果たし、翌2015年にイングランド・プレミアリーグのチェルシーFCとドイツ・ブンデスリーガの1.FSVマインツ05から移籍プランを提示され、熟慮の末に出場機会の見込めるマインツを選択。5月30日にFC東京から移籍を発表しました。

そして、今は、プレミアのニューカッスルでプレーしています。

武藤さんは姉2人弟2人の5人姉弟で、父親は獣医、母方の祖父にスポーツアカデミー代表取締役社長の中野成章氏、従姉妹にはモデルの立野リカさんがいます。

祖父の中野氏からは、「常に紳士たれ」「髪は絶対に染めるな」と教えを受けているそうです。

武藤嘉紀の妻は元CA渡辺輝、義父は元防衛副大臣・渡辺周

2015年7月、武藤嘉紀選手が一般人女性との結婚を発表

2015年7月3日深夜、武藤嘉紀選手の結婚を当時のマネジメント会社が発表しました。

相手は慶大時代から交際を続けていた女性で、既に婚姻届を提出している。

武藤選手は、こう述べている。

いつも大変お世話になっております。
私事で大変恐縮ではございますが、ご報告がございます。
私、武藤嘉紀はこの度、一般の女性と入籍致しました。彼女は大学時代からお付き合いをしてきた同級生で、今に至るまで自分を常に支えてくれた方です。
これから新天地での挑戦が始まりますが、彼女とであれば心強く立ち向かっていけると思っております。

武藤選手のお相手女性は一般人で、大学生時代からの交際だと本人が公表しています。交際期間は約3年だそうです。

同年4月には、週刊誌で武藤さんに婚約者がいるといち早く報じられていました。

「彼女は慶應大学の同級生で、キャスターの皆藤愛子さんのような清純派の美人。今年4月からは某航空会社のCA職に就いています。

他にも有名企業から内定をもらっていたのですが、近い将来、武藤が海外移籍することも考えてCAを選んだそうです。

すでにお互いの親も公認の仲で、FC東京の本拠地・味の素スタジアムでは、武藤の母と彼女が並んで観戦する姿がたびたび目撃されています。

また、武藤本人は『早く結婚したい』と周囲に話しており、ゴールインも近いと思いますよ」

後に武藤選手がお相手女性にプロポーズしたのは移籍報道のあった4月頃だったことがわかっており、この記事は事実に近いものだったようです。

好きな女性のタイプは「チャーミングな人」

武藤嘉紀と相手女性のツーショット写真

目線がかかっているため顔はわかりませんが、武藤選手が179cmと長身でありながらそこまでの差がないので、お相手女性もスラっとしてスタイルがよいことがわかります。

武藤選手はそれまでは自分のためだけだったサッカーのプレーも家族ができ重みが増えたと語っており、サッカーへの姿勢も変化したことを明かしていました。

マインツへの移籍決断の際は、

「特に口を挟むことはしてこなかったんですけど、『出た結果が、今一番僕にとっていい結果だ』ってことを言ってくれて、『どこに行ってもサポートするよ』と言ってくれたので、非常に心強かったです」

と、夫人に支えられたことを明かした。

当時の移籍決断についても、お相手女性の助言が支えになっていたようです。

結婚発表後、武藤選手は妻より先にドイツ入りし、キャンプ後に奥さんも合流し2人でのドイツ移住生活をしていたそうだです。

武藤選手は「彼女と付き合ってから良い事尽くし」だそうで、「今度は自分が幸せを与えられるように」と語り、

結婚後には『やべっちFC』で2人の仲の良さがわかる映像が流れたり、ツイッターで妻がつくったと思われる料理をアップするなど幸せな様子を披露していました。

妻は元CA・渡辺輝(かがやき)!学生時代から交際【画像あり】
武藤さんの奥さんの名前は一般人のため報じられていませんでしたが、後に元防衛副大臣・渡辺周氏の娘の渡辺輝さんであることが判明しています。

お名前は、「かがやき」さんと読むそうです。

相手は一般女性のため、氏名や年齢は明かされなかった。日刊スポーツによれば、相手の女性は卒業後、武藤が所属していたFC東京の試合の応援にたびたび訪れていたという。元AKB48の篠田麻里子に似ているという報道もある。


渡辺輝と言われている画像

また、弟には静岡高校で夏の甲子園メンバー入りも果たしている義(せいぎ)さんがおり、東京6大学リーグのある輝さんと同じ慶應義塾大学の環境情報学部にAO入試で入学しています。

2人の馴れ初めは、慶應義塾大学時代に同じ授業を受けていた輝さんに武藤選手が一目惚れし猛アタックをしたそうです。

卒業後、輝さんは小学校からの夢だったというキャビンアテンダントになっていますが、直後に武藤さんのマインツ移籍が決まり武藤さんがプロポーズ。

これを受けた輝さんは、わずか2ヶ月足らずでキャビンアテンダントを寿退社しています。

武藤嘉紀が蟹ってどういうこと?

2018年6月28日にワールドカップ日本対ポーランドに出場した武藤嘉紀選手。

FC東京から期待の眼差しがされていましたが、好機は作りながらも得点できずに批判されてしまったのです。

特に、最大の決定機を迎えたが、フリーでいた宇佐美選手を顧みずに横ドリブルをしたのです。

スポンサーリンク

そんな横ドリブルについて、武藤嘉紀選手は、

「見えていなかった」

「冷静になっていなかった」

と、大舞台で緊張していたのか、周りが見えず横ドリブルをしていたのでした。

そんな武藤嘉紀選手の横ドリブルに「蟹かよ」と炎上してしまったというわけです。

武藤嘉紀のニューカッスル&代表の背番号は?

ついに開幕した2018-19シーズンのプレミアリーグ。

すでに補強は終わっていることから、各チームともに新背番号を発表している。ニューカッスルも新加入選手を含めた背番号が決定。武藤嘉紀は「13番」になった。

その他の新戦力は、キ・ソンヨンが4番、ファビアン・シェアが5番、サロモン・ロンドンが9番、フェデリコ・フェルナンデスが18番に。

一方日本代表での最近の背番号も「13番」

武藤嘉紀のニューカッスル&代表の成績は?

クラブチームの成績から。以前のマインツから現在までの成績を紹介する。

マインツ(ドイツ)17-18シーズンリーグ:27試合 8G3A国内杯:2試合 2G

ニューカッスルの個人成績

現地日スコア対戦相手INOUT得点
2018年8月11日1-2トットナム後半36分
8月18日0-0カーディフ後半20分
8月26日1-2チェルシー後半34分
9月1日1-2マンチェスターC不出場
9月15日1-2アーセナル後半34分
9月22日0-0クリスタルパレス後半36分
9月29日0-2レスター後半24分
10月6日2-3マンチェスターU先発後半33分

日本代表の個人成績

年度所属クラブ出場先発得点監督
2014 (13試合)FC東京631ザッケローニ/アギーレ
2015 (17試合)F東京 → マインツ1241アギーレ/ハリルホジッチ
2016 (10試合)マインツ100ハリルホジッチ
2017 (13試合)マインツ210ハリルホジッチ
2018 (9試合)マインツ420ハリルホジッチ/西野

今後とも日本の為に頑張ってもらいたいところですね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。