遠藤航のポジション・プレースタイル・statsは?年棒は?日本代表なのに下手?

どうも、サッカー解剖者の本田です。

私のプロフィールを知りたい選手はこちら⇨サッカー解剖者・本田のプロフィール

今回は、日本代表プロサッカー選手遠藤航選手のを紹介して行く。

遠藤航選手は、長谷部選手の後釜と言われている選手。今後の日本サッカー界を背負っていく選手だろう。

早速だが、見ていこう。

遠藤航のポジション・プレースタイル・statsは?

遠藤航選手のサッカー面について紹介していく。

ポジション

遠藤選手は多くのポジションができるオールマイティーな選手。

スポンサーリンク

ポジションごとに見ていこう。

遠藤航・ボランチ編。

まずは、ボランチから見ていきたいと思います。守備職人とあって1対1の強さが一つの特徴に上げられます。

一見、細身のように見えますが、フィジカルコンタクトが強く、体の入れ方も上手い。

この点は、前日本代表監督のハリルホジッチ監督も高く評価をしていたようですね。デュエル大好き監督でしたからね。

しかも、ガツガツ行くようなタイプではなく、冷静にボールの出所を読み、相手からボールを奪うこともできる。

ちょっとわからないのですが、こういったプレーのできる選手はきっとファールが少なくてチームも助かるでしょうね。余計な位置でのFKを与えなくて済みそうですしね。

さらに、身長は178cmながら空中戦に強く、日本代表のボランチにはあまりいないタイプの選手。

中盤での競り合いで負けない選手がいることは、日本代表にとっても心強い存在となるでしょうね。

特に、ヨーロッパの国と当たるときとかには有効な選手だ。

ヨーロッパだけでなくボランチのポジションは大型な選手が増えてきているので、ここで競り負けない強さは、今後の日本代表の大きな戦力となるはず。

また、キックの精度も高く、長短交えたパスも魅力の一つ。もしかしたら、ボランチのポジションであれば、ガンバ大阪の遠藤保仁のような存在になれるかもしれませんね。

実際に言われているのが、ポスト長谷部といった声が多いのですが。

どちらにせよ、現段階ではスタメンは難しいかもしれませんが、将来的には日本代表のボランチとして活躍するのではないでしょうか?

上手い選手だけが出たらチームが強いとは、限らないからね。長谷部選手が日本代表を辞退したことによって、チームをまとめる選手必須で必要になる。

続いては、遠藤航・DF編。

どちらが向いているのだろうか、見ていこう。

先ほどのボランチ編でも書きましたが、対人能力が優れているところがDFとしても魅力ですよね?

3バックであれば、リベロのポジションになると思われますが、守備力は言うまでもないですが、なんといっても攻撃に移る際の縦パスが非常に上手いことが挙げられます。

ただ、相手のプレッシャーが厳しい時のパスの精度に少し難があり、そこが改善されればさらに良いリベロになるのではないかと思います。

ボランチのポジションも経験しているので、攻守の切り替えも割と早いのも特徴に上げられると思われます。

リベロのポジションでいえば、ポスト長谷部と呼び声が高いことから、今後3バックで行くのであれば、遠藤航は第一候補に上げられるのではないでしょうか?

4バックの場合だと右になることが予想されますが、どうなんでしょうかね?あまり4バックの時の遠藤航が想像できないので何とも言えませんが・・・。

確かに、空中戦が強いのでそこは大きな武器になるとは思えますが、攻撃時はどうなんでしょうかね?

長友や酒井宏樹のようなイメージがないので、遠藤航には4バックの右のポジションは向かないのかなと私は思いますが、どうなんでしょうか?

攻撃面以外では安定して良いDFだと思われますが・・・。

実際に見てみないとわかりませんからね。意外と攻撃参加も上手かったりするかもしれませんしね!

やはり、遠藤航は真ん中のポジションが一番いいのかなと思ってしまうのは私だけでしょうか?

そこは、西野監督であったり、今後の日本代表監督が決めることなので、何とも言えませんが・・・。

では、結局、どこのポジションが遠藤航にとっていいのでしょうか?人の観る視点、状況によって変わってくるだろう。

遠藤航の適切なポジションは?

どうなんでしょうか?

先ほども書きましたが、やはり遠藤航の適切なポジションは真ん中のような気がしますね。

空中戦の強さもそうですし、キックの精度のこともあるので。

あとは、1対1での球際の強さであったりもあるので。恐らく、3バックで挑むことがあまりないと思いますので、やはりボランチが一番適切なのかなと思いますね!

今大会は、スタメンで起用される可能性は薄いですが、将来の日本代表を背負っていく存在でもあると思われます。

遠藤航本人もボランチで勝負したいということは、どこかのインタビューで言ってましたので、ぜひボランチのポジションで勝負をしていってもらいたいと思いますね。

でも、平均的に上手い選手になりたいとも言っていたので、ボランチ、DFの両方のポジションでも勝負できる選手になってもらいたいですね。

リオデジャネイロ五輪のキャプテンも務めたこともあり、もしかしたら将来の日本代表のキャプテンにもなりうる存在なので、是非順調に成長していってほしいと思います。

今後どうなっていくか見ものですね。

プレースタイル

特徴を3つに分けたので紹介していく。

遠藤航のプレースタイルの特徴vol.1

遠藤航は、一見フィジカルに弱そうですが、意外と強いことと冷静な守備に定評があります。

浦和レッズでは主にセンターバックを務めていますが、ボランチもでき、サイドもできる守備職人です。

昔の阿部みたいな存在ですね。プレースタイルも似ている気がします。

以前、遠藤航が言っていましたが、平均的に上手い選手になりたいと言っていましたが、まさに、その通りの選手になってくれましたね。

現在、代表では3バックにも着手しており、センターには長谷部が入ると思われますが、長谷部の故障のことなどを考えると、非常にありがたいバックアッパーとなりえます。

プレースタイルの大きな特徴でもありますが、身長は178cmと高くはない方ですが、空中戦に強く、身長差を感じさせないところがメリットとなりますね。

先ほども書きましたが、フィジカルも強く、体の入れ方も上手い、前監督のハリルホジッチ監督も遠藤航のフィジカルコンタクトの強さを評価してます。

またガツガツ行くわけでもなく、落ち着いた守備もでき、相手のパスの受け手にボールが入った時に、強烈なタックルをかまして奪うのが特徴。

相手のプレーを上手く読み、駆け引きをするクレバーなディフェンスをするのが、彼のプレースタイルの特徴ともいえるでしょう。

『クレバーなディフェンス』

遠藤航のプレースタイルの特徴vol.2

次に攻撃のプレースタイルについてですが、攻撃に移る際の縦パスも上手いことが挙げられる。これができるリベロ、センターバックはあまり日本にはいませんからね。

遠藤航の攻撃時のプレースタイルとしては、キックの精度が高いロングフィードにあるかなと思います。

ボールを奪う前から遠くの方まで見ているので、鋭いロングフィードができるのだと思います。遠藤航のセンスなのでしょうね。

西野監督に変わって、ポゼッションサッカーに戻るのであれば、遠藤航のロングフィードはある意味変化を付けられる良い武器になるのかなと思います。

現代サッカーで大切な攻守の切り替えの早さができる選手なので是非、W杯でそのプレーを見てみたいですね。

先ほどにも書きましたが、長谷部に次ぐリベロの候補なのではありますが、4バックの時は右サイド、センターバックもこなせますし、過密日程で試合をこなす場合彼の力は大きな戦力になるでしょうね。

『正確なロングフィード』

遠藤航のプレースタイルの特徴vol.3

先ほども書きましたが、プレースタイルということではないのですが、3つのポジションをこなせるといった意味では心強いでしょうね。

遠藤航をメンバーに入れておくことは、リベロのポジションはもちろん緊急事態になった場合には、ボランチもできますし、4バックでやるときには右サイドもできますからね。

特に長谷部の膝の具合がどうなのかはよくわかりませんが、長谷部の膝の調子が良くない時の1番手だと思うのでね。

ボランチでの起用であれば、空中戦の強さを存分に発揮してくれると思います。

日本代表のボランチで空中戦に強い選手はなかなかいませんからね!中盤での競り合いに勝てる選手がいると心強いものです!

スポンサーリンク

遠藤航自身も以前インタビューで平均的に上手い選手になりたいと言ってましたが、本来はボランチで勝負したいと言ってましたし、W杯でのボランチ遠藤航も見てみたいですね。

『ユーティリティープレイヤー』

stats

各シーズンのstatsを載せておく。

守備的選手にも関わらず、シュート数を見れば、シュートで終われる選手なのかがよく分かる。

遠藤航の年棒推移はいくらか?

日本を代表する選手、年棒いくらなのか?見ていこう。

遠藤航の年俸推移を紹介。

遠藤航選手の年俸推移は、

2018年(浦和レッズ)→6000万円

2017年(浦和レッズ)→3000万円

2016年(浦和レッズ)→2000万円

2015年(湘南ベルマーレ)→2500万円

となっています。

遠藤航選手は、2016年に浦和レッズへ移籍すると、3バックの中央でレギュラーポジションを掴みます。

2017年には、アジアチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献し、年俸は倍となりましたので、この2年で3倍になっていますね。

最新の年俸は、2018年の6000万円となっています。

流石は、Jリーグの最高収入を鉾ふ浦和レッズですね!!湘南ベルマーレに残っていたら、半分以下でしょう。

ユースから湘南ベルマーレなので、湘南愛の強い遠藤航選手ですが、移籍したのは子供が3人居ることを考えると正解だったんじゃないでしょうか?

それにしても、かなり他の選手より年棒が高いですね。信頼関係もしっかりできている証拠。素晴らしい選手の証拠ですね。

日本代表なのに、遠藤航が下手ってどういうこと?

遠藤航が「下手」だとネット上で言われているので見ていこう。

遠藤航選手はド下手のくせにA代表に選ばれている?と言われているのですが、まず日本代表が下手と言われているのが間違いだと思います。

ざっと調べただけでも

・視野が狭い
・散らしが下手
・カバーリングが遅い
・背が低い
・技術がない

とボロクソw

一応、何が一番その理由なのか見ていきたいと思います。

遠藤航選手のプレーを調べてみると、まだ25歳と若く経験が浅いせいか、他の選手に比べてイージーミスが目立つようです。

遠藤航とかいう選手はサッカーがド下手の割には「どうしてA代表に選ばれている?」ネット上にはこんな感じのコメントも結構見られます。

遠藤航は何故A代表に選ばれているか?

その理由は、遠藤航は、ボランチ、センターバック、サイドバックと守備に関しては何でもこなせる器用さがあり、縦のパスに対する意識が高い事、

ロングパスの精度が高い、ジャンプ力があるので背の高い相手にも、ヘディングで負けない強みがあり、今後の成長も見込んで選ばれたのでしょう。

では、なぜ下手と言われているのでしょうか?

それは、プレイ中に周りにあまり目が届かない時がある、つまり視野が狭い。

守りに入っている時に、空いているスペースを埋めるのが下手、つまりカバーリングが下手。

センターバックにしては背が低く、中盤を守るにはテクニックに不安がある。

どこを任されても一通りはこなせますが、専門家ではない、といった感じですね。

ご本人も、それは十分自覚しているようです。

そして、仲間とのコンタクトの失敗やパスワークの失敗が原因で、気の抜けた点の取られ方を何度もしている。

この辺りを見られて、遠藤航はサッカーが下手と言われているんだと思います。

その遠藤、5月2日の川崎フロンターレ戦で、守備の要と言えるいい仕事をしました。

この試合の時に遠藤航の考えていたことは「川崎フロンターレの選手はボールを動かせるテクニックを持っています。

だから僕らが後ろに引いてしまうとフロンターレの選手たちに好きなようにボールを操られてしまう。

そうさせないためには、厳しくマークしていこうという話をしていました」

具体的には、川崎のサイドハーフがボールを受けに出てくる瞬間、フリーな状態でボールに触らせない事を意識していました。

「僕と槙野のところは、サイドハーフの家長選手、阿部選手が出てきた場所に、、僕らがどれだけプレッシャーをかけられるかを意識していました。

憲剛さんは青木君がマークする、僚太とネットは、誰がマークするのかとかをチーム全体で意識していました」

この予想の通りに阿部や家長が出てきたし、大島とエドゥアルド・ネットについても、2シャドーの長澤和輝や柏木陽介がマークしていました。

「川崎の選手が足元でボールを受けたがっていましたので、僕らとしてはエンドラインをそろえるというより、1対1のような感じで厳しくマークしていきました。

ボランチについていた青木君よりも、前に出てしまうこともありましたけど、僕らが厳しくマークするのを川崎の選手達は嫌がっていました」

この試合について、川崎フロンターレの小林悠は

「浦和の選手達が、かなり前の位置からマークしていたのは分かっていたのですが、それに対する僕たちの動きが鈍かった」

と語っているように、

浦和の選手達が川崎の攻撃をストップする事が出来たのは、相手に対する浦和の厳しいマークと川崎の選手たちの疲れが重なった結果だと言えるでしょう。

そしてこの日の遠藤航のプレーで目立ったのは、2人に囲まれた状態でも負けずに体を張ってボールを離さず前に運んでゆくプレーでした。

我慢して我慢して溜めてボールを前に出せるように。これまでの遠藤のプレーにはほとんど見られなかった形です。

「このところ意識しているのは、プレイのしつこさなんですよ。僕の良さとして、早めのワンタッチで前にボールを出すだけでは、これから中盤を担当する事を考えるとちょっと物足りないかなと。

いかに相手からきついプレッシャーがきても我慢して我慢して溜めて前に出せるか。そんな動きで相手マーカーを振り切る事が出来ればチャンスを作れるかなと思っていますから。

シンプルに球を運ぶ所と1人で球を運ぶところを最近は意識的に使い分けてますね」

前々から遠藤航は、自分の良い所を生かせるポジションは、ボランチだと考えていました。

今まで通りセンターバックと言うポジションで頑張って行きたい気持ちもあります。

しかし一方では身長の高さと言う物理的な面で海外の一流プレイヤー相手にキツイ戦いを強いられます。

しかし遠藤航はリオ五輪でボランチとして十分に働けるところを見せてくれました。

そして今以上にボランチとして良い働きが出来るよう意識しています。

遠藤航は元々守備力には定評があるだけに、更に攻撃力をアップする事が出来れば、、監督も中盤で使う事を頭に入れる事でしょう。

チーム一丸となって相手の動きを止める事が出来る。その中で中心的な役割を果たすことが出来る。

更に上を目指して努力を続けている。そんな遠藤航は、決してサッカー下手とは言えないと思います。

また、遠藤 航選手といえば、日本代表の長谷部 誠 選手と比較されて、「次代の長谷部」とも言われている人ですから、実力がないとサッカー界で生き残ってはいない。

おそらく、サッカーの素人が言っているのだろう。視野を広げて視座を高めれば、なぜ日本代表に選べれているか分かるはずです。

そうしていかないと、日本サッカー界は世界に通用しないだろう。

遠藤航がタトゥー?アメブロ、ブログ・インスタは?父親や兄弟は?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。