柴崎岳は、真野恵里菜と結婚発表した自身のブログとSNSの全貌

日本代表MF柴崎岳は7月16日、マネジメント会社を通じ、女優の真野恵里菜と結婚したことを発表した。

ワールドカップが終わりすぐの発表。

そこにはどんな裏側や真実があったのか?今回は、お伝えしていきます。

柴崎岳、真野恵里菜と結婚発表した

柴崎は青森県出身の26歳。鹿島アントラーズから2017年にテネリフェ(スペイン2部)に移籍。

同年7月にヘタフェに移籍した。また、日本代表として2018FIFAワールドカップ・ロシアで4試合に出場。攻守の要として活躍した。

柴崎岳は入籍に際して

柴崎岳
「彼女には自分がサッカー選手として常に向き合う環境を理解してサポートを頂いており、これからは彼女を支えて良い家庭を築いていきたいと思います」

と、コメントしている。

また真野も、自身のブログやSNSを通じて結婚を発表。

スポンサーリンク

ブログには

真野恵里菜
「お互いの仕事を尊重し合い、お互いの家族を大切に想い、結婚までの道のりを二人でひとつひとつ経て、夫婦となれた時に皆様へお伝えしたいと思っておりましたので、本日この場でのご報告とさせていただきました」

とつづった。

さらに

真野恵里菜
「多くは語らずひたむきに努力し続ける彼はとても素敵で、私もたくさん刺激をもらっています」

と、柴崎の人柄にも触れている。

真野の所属事務所は報道各社にFAXを送付し、「弊社所属タレントの真野恵里菜はプロサッカー選手柴崎岳さんと入籍いたしましたことをご報告させていただきます」と報告したそうです。

女優真野恵里菜(27)が16日、ブログを更新し、このようにファンに結婚したことを報告したと記しています。全貌をお見せします。

真野恵里菜
「応援してくださっている皆様、お世話になっている皆様へ。

私事で大変恐縮ですが、この度、かねてよりお付き合いをさせていただいておりました柴崎岳さんと今月入籍致しましたことを、ご報告させていただきます。

昨年より様々な言葉が飛び交ってしまい、皆様には沢山の混乱やご迷惑、ご心配をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

スポンサーリンク

お互いの仕事を尊重し合い、お互いの家族を大切に想い、結婚までの道のりを二人でひとつひとつ経て、夫婦となれた時に皆様へお伝えしたいと思っておりましたので、本日この場でのご報告とさせていただきました。

多くは語らずひたむきに努力し続ける彼はとても素敵で、私もたくさん刺激をもらっています。

そんな彼の力になれるように、そしてこれから始まる夫婦生活にたくさんの笑顔が溢れるように、私にできること、たくさんのことを学びながら日々精進してまいります。

至らない点も多々あるかと思いますが、どうか温かく見守っていただけますと幸いです。」

関係者によると、2人の出会いは16年秋。共通の知人の紹介で出会い、昨年初旬までに交際に発展した。

真野がサッカー好きということもあって意気投合。自然な流れで交際に発展した。

真野は妊娠しておらず、結婚後も家庭を優先しながら芸能活動を行っていく予定で、挙式・披露宴に関しては未定。

スペインリーグで活躍する柴崎と真野とは、約1万キロ離れた国際間の遠距離恋愛だったが、静かに愛を育んできた。

2人は今年に入ってから、周囲に結婚の意思を報告し、互いの両親にも伝えていたという。

4月には「結婚の意思を固めた」と報道されたが、2人の間では「W杯が終わるまでは結婚の具体的な話はしない」と決めていたという。

だが、ロシアでの戦いを終えた柴崎が帰国したことから、近く婚姻届を提出する方向を決めたようです。

 ◆柴崎 岳(しばさき・がく)

1992年(平4)5月28日生まれ、青森県出身の26歳。

青森山田高から11年に鹿島入り。16年クラブ杯決勝Rマドリード戦で2得点と活躍し、17年1月にスペイン2部テネリフェ入り。

同7月に1部昇格のヘタフェに4年契約で加入。Rマドリード、バルセロナからともに得点した初の日本人。

国際Aマッチ通算22試合3得点。1メートル75、62キロ。利き足は右。

 ◆真野 恵里菜(まの・えりな)

1991年(平3)4月11日生まれ、神奈川県出身の27歳。

06年に「ハロー!プロジェクト」研修生になり、09年ソロデビュー。

13年にハロプロを卒業し女優に転身。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」やTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などに出演。

今月20日には出演映画「BLEACH」の公開を控える。1メートル59。血液型B。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

現役時代に全国大会を経験。Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。