本田圭佑の代表引退の理由は!「引退しろ」の批難と引退後の進展とは?

日本の宝。ビックマウスで日本サッカー界の進化の立役者。

こういった世界中で素晴らしい考えを持った選手は、数少ないだろう。

今回は、結果も出し、哲学も素晴らしい本田選手の日本代表引退についてお伝えしていく。

本田圭佑の引退理由は本田流

本田圭佑が、ロシア・ワールドカップが最後のW杯になることを明言した。

日本代表にとって、一時代の終焉が突然やってきた。

本田圭佑が、ロシア・ワールドカップが最後のW杯になることを明言。さらに、現役続行の可能性についても言及した。

日本代表は、2日に行われた決勝トーナメント1回戦のベルギー戦を2-3で敗戦。史上初のベスト8進出を逃した。

本田はこの試合で81分から登場し、FKなどで存在感を発揮したものの得点を奪えず。

スポンサーリンク

敗退決定後に「これが僕にとって最後のW杯です」と、4年後のカタールW杯には出場しないことを口にした。

本田圭佑

「現実ですよね。これがワールドカップ。僕自身にとって最後になるんですけど。

正直、自分がみんなをもう一個上のステージに連れていってあげたかったっていうのはありますけど、そこで決めれないのも僕の実力。

やれることはやった、ベストを尽くしたという思いはあります。仲間にはありがとうと言いたい」

「4年後は考えられない。自分のためだけのワールドカップにするなら同じような役回りで出られるかなと思ってるんですけど、日本代表は大きく前に進んでいかないといけない。

次のワールドカップには出ないと思います」

現在32歳の本田は、2008年に南アフリカW杯アジア3次予選のバーレーン戦でA代表デビューを飾ると、その後代表に定着。

2010年の南アフリカ本大会では2ゴールを決めて日本を史上2度目の決勝トーナメント進出に大きく貢献した。

その後の2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会でもそれぞれゴールをマークし、日本人史上初のW杯3大会連続ゴール、アジア選手としてのW杯最多ゴール記録を更新する活躍を見せた。

しかし、かねてから本田は、W杯優勝を公言してきた。どんな批判をされてもブレることはなかった。

それでも、叶うことなく終わった夢は、「若い世代に引き継いでもらいたい。引き継いでもらえるはず」と、後進に期待を込める形で引き継ぐ構えだ。

自身の引退については「現役を続けていくのかとか、サッカーにどう携わっていくのかは整理したい」とし、「(代表引退は)現役のところとリンクしてくると思うので、今言えるのは『4年後は見られない』ということ。

今はいくつかオプションがある中で、自問自答しながら見つけていくもの」と語るにとどまった。

長く日本のエースとして、チームをけん引してきた本田圭佑。代表通算出場は98試合に達し、中村俊輔と並ぶ歴代8位を記録。W杯での4得点を含む通算37ゴールをマークした。

代表を退くとき…ヒデの決意と翻意 本田、8年前の一言

■忠鉢信一記者の目

W杯ロシア大会の決勝トーナメント1回戦で敗れた後、長谷部誠や本田圭佑らが日本代表から引退する意思を明らかにしています。

日本代表選手は、大会などの度に監督に選ばれる立場でもあるので、自分から「引退」を宣言する選手はこれまで多くありませんでした。

自身のインスタグラムで引退を表明した長谷部も

長谷部誠
「日本代表という場所はクラブとは違い、いつ誰が選ばれるかわからないところであるので、いち選手からこのように発信することは自分本位」

という懸念があったことを明かしています。

本田はベルギー戦の後、「W杯は最後。4年後は考えられない」と話しました。

しかし「サッカーにどう携わっていくのか、整理して考えたい。いまは中途半端に言えない」と決断は保留しました。

本田がW杯に初めて出た2010年W杯南アフリカ大会の直後、モスクワ郊外の自宅近くでインタビューしたとき、「W杯はあと2回」と明言していました。

ベルギー戦の直後は、感情にまかせて発言してしまったのかもしれませんが、ロシアでの代表引退を考え続けてきたことは間違いありません。

日本代表でプレーすることは選手にとって名誉であり、プロ選手としての商品価値を上げ、引退後の収入にも影響します。

その代わり所属クラブでの年間30試合以上に加えて、日本代表のために年間10試合以上の負担が加わります。

勝利ボーナスはありますが、負けて日当だけになれば報酬は微々たるもの。

W杯やコンフェデレーションズ杯に出るとオフが短くなり、「ワーク・ライフ・バランス」を考えると、厳しい面もあると聞きます。

選手の引退には様々な理由があり、周辺の事情も絡みます。

02年W杯日韓大会の直前、私は中田英寿さんがW杯の日本代表から退く決意でいることを知りました。

出場していた01年コンフェデレーションズ杯で決勝を前にチームを離脱。

優勝争いをしていた所属クラブのローマの試合を優先したことで、当時の日本代表のトルシエ監督と激しく衝突したことがきっかけでした。

私が引退の決意を報じると中田さん側は反発。トルシエ監督の後任になったジーコ監督が直々に説得したことで中田さんは翻意し、日本代表を06年まで続けました。

実は05年12月に、02年当時の事情を知る関係者から、中田さんが「引退パーティー」をすることを知らされていました。

同時に、報道が先行すれば02年の時のように引退を撤回するだろうとも伝えられました。

中田さんは当時所属していたボルトンの05~06年シーズンの最終戦で、チームメートに現役引退の挨拶をしたことも確かめました。

しかし先行して報じれば撤回するという話は、土壇場でも変わりませんでした。

10年南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦で敗退した時、中村俊輔が試合後に代表引退を口にしました。

中村も事前に、周辺に引退を伝えていました。長谷部も大会前に引退は決めていたと明かしています。

多くの人に応援してもらっている選手です。

辞めることを信頼する人に伝えることで、決意を固めると同時に、同意してくれる人が欲しいのだと思います。

私は02年11月、その年のW杯日韓大会で代表引退を決めたドイツ代表選手が、ホームであった親善試合のオランダ戦で引退セレモニーをするのを見る機会がありました。

新しいスタートを切ったスタッフや選手とお祝いの食事をし、スタジアムではサポーターの拍手を浴びていました。

これがドイツの伝統だそうです。

どんな偉大な選手でも、いつか衰え、代表に選ばれなくなる日が来ます。

限界まで戦い抜くのも一つの姿ですが、引退を希望する選手に花道を用意して報いるのも、競技団体の役目ではないかと私は思います。

海外メディアの考えは違った…明言避けた本田圭佑の「代表引退」が次々報じられる


最後のW杯を終えた日本代表MF本田圭佑

ロシアW杯決勝トーナメント1回戦での敗退決定後、囲み取材の場で「次のW杯にはもう出ない」と明確に述べた日本代表MF本田圭佑。

代表からの引退については明言を避けていたが、海外メディアの考えは違ったようだ。

ドイツ紙『キッカー』は引退選手の特集を掲載。

MFアンドレス・イニエスタ(スペイン)、DFハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン)らとともに本田の写真もあり、キャプションには「W杯終了後に引退を発表した選手たち」と記されている。

またイギリス『スカイスポーツ』はMF長谷部誠と同じ扱いで本田の代表引退を報じた。

日本国内での報道と同じく「私にとって最後のW杯」というコメントを掲載しているが、すなわち日本代表のユニフォームを脱ぐことを決断したものだと受け取っているようだ。

本田はロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦後、「今、ハッキリ言えるのは次のW杯にはもう出ない。それはここで言ってもいいと思えるくらいハッキリしている」とカタール大会に出場しないことを明言。

一方、代表引退の意向については「それは現役のところとリンクしてくると思う」と決断に至っていないことを示していた。

スポンサーリンク

本田圭佑、引退後のガチ目標は「海賊王」だった!?

ロストフナドヌーの悪夢――サッカー日本代表がW杯ロシア大会でベルギーに喫した大逆転劇は、こう呼ばれた。

コロンビア戦で起こした奇跡そのままに、世界ランク3位の強豪国を相手に後半7分までに2点リード。日本にとって初のベスト8が目前まで迫った。

しかし――“赤い悪魔”ベルギー代表が本性をむき出しにするや、38分間で3失点。夢は夢で終わった。

「勝利をみすみす逃した戦犯とされるのが、GK川島永嗣(35)と本田圭佑(32)。

1失点目は川島のミスですが、そもそも川島を起用した西野朗監督に責任がある。問題は本田です」(スポーツ紙記者)

その“問題”の場面は、後半終了直前のコーナーキックだ。

「セオリー通りなら、時間稼ぎをして延長に持ち込むべき。しかし、さっさと蹴ったうえにボールに何の工夫もない。

相手がカウンターするには持ってこいで、実際、その9秒後には逆転ゴールを決められた。“オレ様エース”と批判されて当然のプレーでした」(前同)

これには、ミランやRマドリード、イングランド代表を率いた経歴を持つイタリアの名将カペッロ氏が、

「私が日本の監督なら、本田の首根っこにつかみかかって怒った」と口角泡を飛ばし、

『週刊サッカーダイジェスト』の元編集長・六川亨氏も、「最悪の選択肢。どんな心理状態で、あのプレーを選んだのか」と一刀両断。

国内のサッカーファンがネット上で怒りの声をブチまけたのも当然のことだった。

その影響もあったのか、試合後、真っ先に本田は、「現役を続けていくのかとか、サッカーにどう携わっていくのかは整理したい」「4年後は考えられない」と事実上の“代表引退宣言”をしたのだ。

「あれは、記者から求められたのではなく、自分から切り出したんです。そこに、彼らしさや決意の強さを感じます」(前出の六川氏)

本田圭佑は昨夏から1年契約でメキシコのクラブに所属しているが、契約終了となる今夏での退団が既定路線で、今後の移籍先は未定だ。

「現役の終わりも見えてくる年齢で、“引退後”を見据えての環境を重要視するのではないでしょうか。かねがね引退後について言及し、サイドビジネスやクラブ経営にも精力的なだけに、移籍先は複合的な理由で決まるでしょう」(前同)

本田圭佑のサイドビジネスについては、本誌前号でも伝えた通り。現役サッカー選手がスポーツ賭博ビジネスに投資をし、代表内で批判されているという。

本田圭佑が真剣に目指すもの

さらに、日本代表の内情をよく知る、あるサッカー関係者は「W杯前に“ロシア(W杯)が終わったらビッグビジネスをしましょう” と、ある企画をもらった。

その段階で、すでに引退後のことに目が向いているんだなと感じた」と証言する。

ところが――。本田を知る別のサッカー関係者は、「サイドビジネスはあくまでも手段と言わんばかりに、引退後の“2つの目標”を周囲や複数のビジネスパートナーに明言している」と言うのだ。

現役時代に資金を調達し、そして引退後に本田圭佑が真剣に目指すもの、その一つ目が、驚くことなかれ、“海賊”になることだという。

「以前、本田やサッカー仲間の間で将来の夢の話になったんですが“僕は海賊船を買って、海賊になりたいんです”と語ったんです。

海賊をモチーフにした人気漫画『ワンピース』の主人公のような自然体で生きていくのかと思ったら、なんと約10億円もする海賊船についてビッグな説明を受けたんです。

他のビジネス関係者にも熱心に説明していましたから、本気なんだと驚きました(笑)」(前同)

常に世界トップを公言しただけに、“海賊”でも狙うのは“海賊王”なのか!? 7月9日発売の『週刊大衆』では、本田圭佑の壮大すぎる「もう1つの目標」を明らかにする。 

本田圭佑は引退しろと批判続出!?|炎上理由は!?

2018年W杯で活躍した本田圭佑ですが、ファンが多い一方で「本田圭佑は引退しろ」と批判している方も多くいるようです。
今回は本田圭佑に批判が続出している理由について調査してみました!

本田圭佑は引退しろ!と批判される理由は?

本田圭佑といえば、日本のサッカー界を盛り上げてきた第1人者です。おそらく今一番知名度の高いサッカー選手に違いありません。

間違いなくファンも一番多いでしょうし、サッカーを知らない人でも本田の事は知っている方が多いと思います。

それにも関わらず、「本田圭佑は引退しろ!」という意見が多い理由は何でしょうか?

批判の理由は最近の本田のプレースタイルが理由であると言われています。

コーナーキックなどで得点に絡む事はあっても動きがかなり鈍く全体的な評価はそこまで高くないようです。

本田圭佑は運動量が少ない事が大きなリスクとなっています。その為、本田圭佑の事を地蔵と揶揄するサッカーファンも一定数いるようです。

以前はフィジカルが強く、ボールのコントロールも評価されていた本田ですが、最近では全盛期のような実力が無くなってきてしまっている事が致命的だと言われています。

コロンビア戦においては見事なフリーキックを見せた本田ですが、セットプレイ以外は今ひとつな印象が拭えないのも事実です。

もはやチームにとっては足を引っ張るような存在に過ぎないのではないかと批判される事も多くなってきているそうです。

本田のパフォーマンスが低下した理由は?

本田圭佑はビッグマウスで有名ですが、最近だと実力が伴っておらず、ファンから見てもあまり気分の良いものではないようです。

メディアでの対応に対して、「かっこつけすぎ」「えらそう」と感じる人も多いのでしょう。

普通言わないような事をTVの前で発言する事が多いので視聴者やファンから反感を買っているのでしょうか。

確かに彼の発言は行き過ぎだと思う一方で、周りの選手の士気を上げるという目的もあるのかもしれませんね。

本田がパフォーマンスが低下した理由について、病気の影響もあるのではないかと言われていました。

本田圭佑はバセドウ病と言われており、筋力や体力の低下を招く病気だそうです。

「バセドウ病が原因でパフォーマンスが低下しているのではないか?」

なんて事も言われていたそうです。

本田圭佑は引退した?

ロシアW杯が終了しましたが、本田圭佑本人は引退について以下のようにコメントしています。

本田圭佑‘
「いよいよ僕のサッカー、代表でのサッカーキャリアは終止符が打たれるんだなという思いですね」

日本代表として引退する事を明言しました。

結果として本田圭佑が引退する事になってしまいましたが、日本代表はいつまでも本田圭佑に頼る事はできないので良い方向に進んでいく事を祈っています。

4年後のワールドカップは恐らくほぼ未経験者だと思われますが、本田圭佑のようなスタープレイヤーが生まれる事を楽しみにしています。

私は、ここまでの精神力・日本サッカー界に起こした革命は凄まじい物があろと思いますし、ビックプレイヤーだと思います。

テレビに出ている以上、批判するのは構わないが君たちにそこまでの器や想いがあるとは到底思えません。

本田選手、ありがとう。そして、お疲れ様でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

現役時代に全国大会を経験。Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。