ロシアワールドカップの優勝予想とジンクスが話題殺到

ロシアワールドカップベスト8が残りましたね。

今回は、優勝予想とジンクスについて紹介していきます。

ロシアワールドカップの優勝予想は?

ワールドカップは4年に1度開催されていて、その歴史は1930年からになっています。

2018年の今回のロシアワールドカップは第21回目です。

優勝回数が多い国は、

・ブラジル(5回)
・ドイツ(4回)
・イタリア(4回)

で、前回開催されたワールドカップで優勝した国はドイツでした。

ロシアワールドカップ開幕戦では、ロシア5-0サウジアラビアでロシアの圧勝でした!

スポンサーリンク

FIFAランキングではロシアが70位でサウジアラビアが67位でした。

ネット優勝予想を調べてみたところ、ブラジルが一番多くて、次いでフランスとドイツと予想する人が多かったです。

左側、南米でいうとブラジル、ヨーロッパでいうとフランス。

右側、ヨーロッパでいうとクロアチアが優勝するのではないかと。

ワールドカップにおける不思議なジンクス

これまで長い歴史のあるサッカーワールドカップですが、いろんなジンクスがあります。

どういったジンクスがあるのか順に見ていきましょう

  • ジンクスその1:外国人監督での優勝がない

過去20回のワールドカップで以外にも外国人監督の国が優勝がないんです。

歴代全ての優勝国の監督全てが自国の監督だということ。

強豪国となれば自国の監督が多いというのもありますが、理由としては監督と選手とのコミュニケーションもあるのかもしれませんね。

日本は結局ロシアワールドカップ直前にハリルホジッチ氏を解任にしたわけですが、その理由として「選手とのコミュニケーションが取れていない」と報じらましたので。

チーム一丸となるには自国監督が有利というのはあるでしょう。

  • ジンクスその2:開催国の初戦の勝率の高さ

ワールドカップは開催国が優先的にシード国として振り分けられるので初戦の勝率は14勝6分ということ非常に高い勝率です。

スポンサーリンク

日韓大会での開催国の日本代表の初戦はベルギーで2-2の引き分けでしたね。

ちなみに開催国がグループステージを突破できなかったのは2010年に開催国となった南アフリカだけ。

ということで、開催国の初戦の勝率の高さはシード国として振り分けられることが全ての理由なので不思議ではないかなと。

  • ジンクスその3:バロンドール受賞者とワールドカップの関係

ワールドカップのジンクスとして大会の前年にバロンドールを受賞した選手の国はワールドカップで優勝できないといったジンクスもあります。

今回のロシア大会では2017年バロンドール受賞者はクリスティアーノ・ロナウドなのでジンクス的にいうとポルトガルはロシアワールドカップで優勝できないということになりますね。

このジンクスは少し無理くりな感じがしますが、、

  • ジンクスその4:コンフェデ杯優勝チームはW杯で優勝できない

ワールドカップ前哨戦となるコンフェデ杯で優勝したチームもその次のワールドカップでは優勝できないといったジンクスがあります。

コンフェデの過去3大会では全てブラジルが制してますが、確かにブラジルは2002年日韓大会以来ワールドカップの優勝から離れています。

コンフェデの優勝メンバーからワールドカップメンバーと大きな入れ替えはないとはいってもワールドカップには魔物が住んでるというのもありますし、この2つの大会も世界の強豪国がガチンコで戦うわけですからそう簡単にはいかないのも当然でしょう。

  • ジンクスその5:ワールドカップ3連覇したチームはない

これまでのワールドカップで2連覇したチームはイタリア代表(1934年と1938年)とブラジル代表(1958年と1962年)ですがどちらとも3連覇はありません。

2連覇だけでもなかなかできるものじゃありませんが今回ドイツ代表が3連覇を賭けての勝負となりますね。

今回のドイツ代表も大本命の優勝候補ですからこのジンクスをドイツが打ち破ることができるのかもしれません。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
サッカー解剖者・本田

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サッカー解剖者・本田

現役時代に全国大会を経験。 Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。