メニュー

日本選手は、なぜ上手くなれないのか?その原因を9割以上の選手は知らない

中島翔哉、ポルト戦ゴール動画の海外の応は?ポジションと身長を活かし移籍金上昇

ポルトガルリーグのポルティモネンセで大活躍している中島翔哉選手。 今現在、9得点でチームの要になっています。

ハリル監督が解任され、西野監督が日本代表に就任で心配されている声もありますが、プレーするのは選手自身。日本にとっては、調子のいい選手、実績を残している選手を起用すべきなのではと思います。
その中で、若手とベテランの融合・この強さが大事になってくるでしょう。
それでは、絶好調の中島翔哉選手の海外の反応、プロフィールや移籍金などを紹介していきます。

【海外の反応】ポルトガルで活躍中の中島翔哉

W杯予選も、すべて終了し、とりあえず32カ国すべて揃いました。

今の状態では、残り時間も少ないですが、中島翔哉にはアピールして、滑り込んでほしいですね。タイプが似ている原口元気、久保裕也が第一候補ですが、クラブでの調子が良くない。

そうなってくると、ポルティモネンセで好調?を維持している中島翔哉にもチャンスがあると思うので、W杯メンバーが決まるまで、アピールし続けてほしいです。


そんな中島翔哉。現地、ポルトガルでは、かなりの評価、反応を得ているが、海外ではどんな評価、反応があったのでしょうか?
中島翔哉が、活躍した時の試合での国内、海外の反応を見てみましょう。

リーグ初得点を挙げた、フェイレンセ戦

カップ戦、リーグ戦で、すでにデビューは飾っていたが、リーグ初ゴールを記録したのは、次節。第6節のフェイレンセ戦。この試合で中島翔哉は、移籍後初ゴールを含む2ゴールを挙げる大活躍をした。

中島翔哉のポルトガル移籍後、初ゴールの国内、海外の反応はいかがなものであっただろうか?

ポルティモネンセサポーターの反応は、

「俺らは中島を信じているよ!」

ポルトガルの記者の反応は、

「日本代表にとって目をつけるべき選手だ!」

また、別のポルトガル記者の反応は、

スポンサーリンク

「中島は新たなペレだな」とまで言ってます。

ロンドンの記者の反応は、

「中島翔哉が活躍して本当に嬉しい!FC 東京では不当に使われていなかった。そして今ポルトガルで躍動している」

スイス記者の反応は、

「この選手は黄金の価値がある選手になるだろう・・クラッキだ」

ポルトガルだけではなく、海外での反応も上々であった。

しかし、まだ初ゴールを挙げただけなので、ポルトガル、海外の反応がいいとは、言い切れない。これから、どれだけコンスタントに活躍できるかが、国内、海外の評価、反応に繋がるはず。

もしかしたら、ポルトガルの3強の一角のスポルティングに在籍していた、田中順也くらいか、それ以上のインパクトをポルトガル、海外に与えるかもしれませんね?

まずは、名前をポルトガル、海外(一部でありますが)に知れ渡るきっかけになったのではないでしょうか?このフェイレンセ戦以上に、海外に中島翔哉の名前が知れ渡ったのではないだろうか?

次節のポルト戦である。この試合での中島翔哉の輝きは、凄かった。国内、海外の反応は良かった。

ポルト戦での海外の反応は?

ポルトvsポルティモネンセで、カシージャスが守るポルトから巧みなゴールを決めた中島翔哉選手に対し、複数のポルトガルメディアが称賛の内容で伝えています。

現地時間22日
、ポルトガルリーグ第7節ポルトvsポルティモネンセが行われ、ポルティモネンセの中島翔哉選手が敵地で今季3ゴール目を決めた。
試合は5-2でホームのポルトが大勝を収める形になったが、ポルトのホームスタジアム、ドラゴンで今季イケル・カシージャスから初めてゴールを奪った中島について、ポルトガルメディアもこぞって称賛の内容で報じています。
ポルトのホームで、今季カシージャスから初めてゴールを奪った選手となった。カシージャスからゴールってので、海外の反応は高かった


その中島翔哉について、ポルトガルのメディアは、こぞって賞賛をしています。

地元メディアの『noticiasaominuto』では、

「中島はパウリーニョからのパスを受けると、フェリペの裏を突き、グラウンダーでイケル・カシージャスの届かないところへシュートを流した。ポルトのGKにとってこれはノーチャンスだった」

と伝えている。流石のカシージャスでも防ぎようがなかった、GKにしては、ノーチャンスのところだった!ファインゴールだと紹介されている。これは、決めた中島翔哉が凄いとのことでしょう。
一方、『bancada』では、
「フェリペをピッチで撹乱し、右足で巧みにゴールを奪った」
と、中島翔哉の個人技によって実現した得点だったと報じている。

個人技が、彼の特徴なので、そこを評価してもらえると、嬉しいですよね?ポルトガルメディアの『zerozero』は、中島翔哉の才能を特集した。恐れの知らない才能といったタイトルで、中島翔哉を紹介。フェイレンセ戦では2ゴールを決めたことから、始まり、ポルティモネンセの攻撃面でアクセントを付けている。もはや、攻撃の中心になりそうな感じでしたよね。

そして、あのカシージャスを前に、冷静に、ゴールを決めたこと。やはり、カシージャスでさえ止められなかったことが大きい。

ビックネーム相手となると、海外の反応が良いですからね。これが、代表戦だったら、海外の反応は大きかったはず。

今後、大いに注目すべき価値のある選手であると言われていた。海外初移籍で、ここまで活躍する中島翔哉選手の才能に賛辞に贈っていた

また、海外からはこのような反応があった。海外の反応は、ストレートだから、面白いですよね。

・フィニッシュが素晴らしく、計算されていた。

・既にリーグで3得点だ。(ポルト戦までで)。悪くはないし、今後、どうなるか楽しみだ。

スポンサーリンク

・中島翔哉には注目しておかないと。彼は本当に良い選手だと思う。

これが彼にとって、海外初のシーズンであることに驚いている。

シーズン終了までには、彼を獲得したいというチームが出てくるはずだ。

・パウリーニョと中島翔哉は、冬の移籍市場で、違うチームに移るのかな?

この二人は、素晴らしい仕事をしている。ポルティモネンセのスカウトは、良く選手を見ている。

・美しい選手だ。フェイレンセ戦での彼を見たが、おそらく、もうすぐポルトガルのトップのチームに移籍するのは間違いないだろうと。

こんな感じで、海外からの反応がありました。海外にも知れ渡り始めました。以外と、ポルトガルのサッカーって、海外でハイライトとかでも見ている人多いようです。

多いから様々な国からの反応があるのでしょう。でも、様々な国から注目されることは、良いことなので、さらにアピールをし続けていく必要があります。

第9節が行なわれた時、ギマラエス戦で、先制ゴールを決めました。

やはり、ベンフィカ、ポルト級の相手でないと、海外からの反応も薄いですし、日本のサポーターも反応が薄かったのではないだろうか?

この日、左サイドでスタメン出場。コンスタントに出てます。中島翔哉は16分、カウンターからドリブルで中央に突き進む。得意の形でした。

DFをかわして、あっさりと、ゴール右隅に流し込んだ。彼らしい落ち着いた一撃で、出場5試合で早くも4ゴール目を挙げた中島

この場面だけでなく、スピーディーかつテクニカルなドリブルで、相手DF陣を苦しめています。ドリブルで、上手くしかけていられるので、パスも生きてくるんです。

自陣深くで守備にも奔走するなど、チームに高い貢献ぶりを示しました。なぜ中島翔哉ほどの選手が、Jリーグで輝けなかったのか?


今の活躍ぶりだと、Jリーグでも脚光を浴びていたはず。そして、もっと国内だけではなく、海外からも評価、反応もあったはず。

ぜ、海外のポルトガルで才能が、開花したのだろうか?

ポルトガルで活躍できる理由は?

島翔哉の特徴は、ボールを扱う技術に長けたところ、カットインからのシュートの上手さ

テクニックに関しては現日本代表の面子にも劣らない。オーストラリアでのアジアカップの際、清武弘嗣が、「こいつ上手い」と思っていたそうだ。

海外での経験もある清武弘嗣が、いうのなら間違いでないであろう。相手選手が足を出したくても出せない、絶妙な間合いとリズムは、まさに彼の世界観

しかも、ペナルティーエリアに進入するのと同時に、ファールももらえるようなドリブル。そして、ドリブルで仕掛けた後のカットインからのシュート

そういったプレーに、ポルトガルのファン反応する。海外のファンは、反応が早いから面白いですよね?

なぜなら、ポルトガルは、攻撃重視で前に出るスタイルのチームが多いから。ほとんどのクラブが、個人技で行けるとこまで行くと言われている。

ブラジル人選手が多いのが、理由の一つだ。あとは、強豪チーム以外は選手の入れ替わりが激しいこともあげられる。

そのため、どうしても個人技に頼らざるを得ない。ポルトガルリーグでは、特殊なルールがあり、ブラジル国籍の選手は外国籍扱いにならない

ようは、中島翔哉のライバルとなる選手達は、一芸に秀でた選手ばかり。中島翔哉はポルトガルで輝きはじめ、国内の反応が良いといった良い流れになった。

そして、海外でも評価、プレーの反応もされるようになった。中島翔哉の特徴は、Jリーグでは異端児?扱いであることもあったが、ポルトガルでは、その才能を生かせたのである。


これからの活躍次第では、海外からの反応も多くなり、海外メディア、クラブからの反応も大きくなるでしょう。そうすれば、海外からの日本代表への評価も上がり、反応も良くなるはずです。

ポジションと身長は?

名前:中島翔哉(なかじましょうや)
生年月日:1994年8月23日
出身地:東京都八王子市
身長:164cm
体重:64kg
ポジション:MF/FW
利き足:右

サッカー日本代表・中島翔哉さんは、デビュー戦初ゴールの活躍。

アスリートといえばやはり身長が大きくてガタイが良い方が有利とされていますが、こちらの中島翔哉さんは意外にも身長が164センチと、アスリートの中ではかなり低い方なんです。

しかも体重も64キロですから、一般人と比べても小さい方ですよね。ですが、中島翔哉選手はその低身長を凌駕するほどの実力を持ち、そしてそのビックマウスでもチームを奮い立たせる存在です。

あの世界のメッシに対してもメッシもバロンドールも僕には通過点

さらには俺にボールを集めれば勝てるなどの発言も・・・・

でも中島翔哉さんは誰よりも早く来て最後まで残るほどの練習の虫だそうで、そのビックマウスの裏には並外れが努力があったのです。

中島翔哉さんの活躍により、身長が低くても夢は叶うということを子供達に示すことができると思いますし、その凄まじい努力がW杯でしっかりと実を結ばれることを祈っています。

移籍金は?

ここまで活躍してきた中島翔哉選手。やはり、移籍金は高いのでしょうか?見ていきましょう。

ポルトガルリーグのポルティモネンセに所属する中島翔哉は、今冬の移籍話が浮上したものの、結果的に残留する運びとなった。同選手に対して、クラブ側は新たに高額な契約解除金を設定しているようだ。

地元メディア『jornal do algarve』によると、中島獲得に向けてポルティモネンセは打診を受けていたものの「いずれのオファーも、契約解除額となる1000万ユーロ(約13億7000万円)に達しなかった」と伝えている。

その一方で、クラブ側は2020年までの保有権を手中にし、高額な移籍金を設定しているようだ。

同メディアによると「新たな契約条項として、今後は2000万ユーロ(約27億4000万円)の契約解除金が盛り込まれている模様。もし、この日本人を獲得しようとするならば、その額を支払わなければならない」とのこと。

日本人からしたら、かなり高いですよね。これから日本人の市場価値は、高くなっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

現役時代に全国大会を経験。Jリーガーとプロの海外選手に指導を受け、「なぜ、日本の選手が上手くならないのか?」に気づき、そのサッカーでの『気づき』を子供たちに教えている。 また、小・中合わせて200人前後のサッカークラブの指導者として、サッカー上達への道しるべとなった経験がある。